好きを仕事にする

個人事業主で儲かる仕事5つのおすすめ|目指せフリーランス!

テツヤ
こんにちは、テツヤです!
飲食店経営やブログ運営など、好きを仕事にしている20代社長です!

今回は、

あなた
個人事業主って儲かるの?
儲けたいならどんな仕事がいい?

と悩んでいるあなたのための記事です。

最近、個人事業主やフリーランスで稼ぐ人が増えてきました。

YouTubeやTwitterなどのSNSで稼いでいる個人を見かける人も多いのではないでしょうか。

しかし、果たして本当に個人事業主って儲かるんでしょうか?

そして、もし儲かるとしたらどんな仕事がいいのか。

ということで今回は、

個人事業主で儲かる仕事

個人事業主で儲けるための秘訣

を紹介していきます!

テツヤ
会社員⇒フリーランスになって時給3倍になったぼくテツヤが解説します!

個人事業主って儲かるの?結論:儲かります

そもそも、最近ブームにもなりつつある個人事業主って儲かるのでしょうか。

結論からいうと、すごく儲かります。笑

テツヤ
ぼくも独立して半年目には会社員時代の3倍の時給を稼いでいました!

なぜ個人事業主が儲かるかというと、利益が全部自分のものになるからです。

会社員って、自分の力で会社の売上をあげても、給料が自分で決められませんよね。

会社の社長が「お前は月給20万円な」といわれれば、どれだけ頑張っても月給20万円なんです。

しかし、個人事業主は違います。

自分が100万円稼げば、それはすべて自分の収入です。

反対にいえば、100円しか稼げなければ収入は100円という悲惨な結果になるわけですが...。

だからこそ、個人事業主ってのは仕事選びや稼ぐための意識が必要なんですね。

ということで次章からは、実際に個人事業主で儲かる仕事の特徴を紹介していきます。

個人事業主で儲かる仕事の特徴3選

個人事業主をするにあたって、仕事選びは非常に重要です。

とはいっても、フリーランス経験がなければ、どんな仕事を選べばいいか分かりませんよね。

ということで、ここでは個人事業主で儲かる仕事の特徴を3つ紹介していきます。

利益率が高い

フリーランスでも儲かる仕事の特徴1つ目。

それは、利益率が高いことです。

利益率とは、人件費や原価などを引いた後に残る利益の割合のこと。

仮に100万円を売り上げても、利益率が10%なら、手元に残るのは10万円だけです。

しかし、利益率が90%なら100万円を売り上げた場合、なんと90万円が手元に残ることになります。

ということで、個人事業主で仕事を選ぶときは利益率が高いものを選ぶようにしましょう。

例えば、パソコン1台で稼げるブロガーは、利益率が非常に高い仕事として有名です。

参考記事:はじめてのビジネスはブログ運営が最強の理由

低資金で始められる

低資金で始められるかどうかも個人事業主には重要な要素。

最初の資金が多ければ多いほど、失敗したときのリスクは高くなりますからね。

また、始める資金が多ければ、その初期資金を回収するまでの時間も長くなります。

個人事業主として成功したいなら、仕事選びは初期費用がかからない仕事を選ぶべきです。

それこそパソコン1台で稼げたり、人を雇わなくてよかったりする仕事がオススメ。

自分が好きなことである

個人事業主で儲けるために、意外と重要なのが自分が好きなことを仕事にすること。

「これなら儲かる」という理由だけで、仕事を選ぶのは実は危険なんです。

というのも、個人事業主という選択肢は、自分で考え自分で行動しなければならない働き方だから。

つまり、儲かるだけの理由で仕事を選んでしまうと、壁にぶつかったときに挫折しやすいんですね。

一方で、自分が好きなことを仕事にすれば、積極的に働けるし、儲ける方法を考えるのも楽しくなります。

結果的に好きなことを仕事にしたほうが、自分でも楽しみながら稼ぐことができるんです。

仕事を選ぶときは「儲かるか?」という視点と一緒に「楽しみながらやれるか?」という視点も忘れないようにしましょう。

個人事業主で儲かる仕事5選!これで高収入!

 

では、個人事業主で儲かる仕事を具体的にチェックしておきましょう。

仕事が思いつかない、という方は下記の5つの仕事を参考にしてみてください。

先ほど紹介した利益率が高く、低資金で始められるという特徴をもった仕事のみをピックアップしています。

ブロガー・アフィリエイター

個人事業主で儲かる仕事1つ目は、ブロガーやアフィリエイターです。

Web上に情報発信のサイトをつくり、そのサイトに記事を書いていきます。

テツヤ
まさに今のあなたが読んでいるこの記事もブログです!

記事を読んだ方が広告をクリックしたりブログから商品を買ったりすると、それが管理人の利益になります。

ブロガーやアフィリエイターには、

  • 好きなことを発信できる
  • 不労所得になり得る
  • 月収100万円も目指せる
  • お金がかからない
  • 特殊なスキル不要
  • すぐに始められる

など、さまざまなメリットがあるのが魅力。

副業としても始めやすいので、ぼくは個人事業主の仕事として最もオススメしています。

ブログやアフィリエイトの始め方については別記事「はじめてのビジネスはブログ運営が最強の理由」で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

コーチング業

利益率が高く低資金で始められる仕事としてコーチング業もオススメです。

コーチング業とは、自分の得意なことを誰かに教える仕事。

例えば、

  • ジムトレーナー
  • ヨガインストラクター
  • お料理教室の先生

などが挙げられます。

ブランディング次第では、1ヵ月の月謝を数万円に設定するのも可能。

そのため、生徒が十数人いるだけで月収100万円も不可能ではありません。

また、人とコミュニケーションを取れる仕事なので、充実感も出やすい仕事です。

エンジニア

個人事業主の儲かる仕事として定番なのがエンジニアです。

いわゆるプログラマーというやつですね。

企業や個人から案件をもらい、案件に沿ったプログラムをすることで報酬をもらえます。

エンジニアは、昔から今まで「供給が足りていない」といわれている仕事です。

エンジニアが必要とされる仕事はあふれているのに、その仕事をこなすエンジニアが少ないんですね。

そのため、必然的にエンジニアの価値は高まり、報酬も高くなっています。

テツヤ
ぼくのエンジニアの知り合いはフリーランスで年収1,000万円こえています!

このエンジニア需要は今後もさらに高まることが予想され、数十年は食いっぱぐれることがないといえるでしょう。

ただし、エンジニアには、スキルを身に着けるのが難しいという唯一のデメリットが挙げられます。

もしエンジニアを目指すのであれば、まずはプログラミングを学ぶことから始めましょう。

コンサルタント

もしあなたが何かのジャンルの専門家ならばコンサルタントもおすすめです。

具体的には、

  • SNSコンサルタント
  • 経営コンサルタント
  • ITコンサルタント

などが挙げられます。

「もっと事業を伸ばしたい」と考える個人や企業は多く存在します。

そういった個人や企業をお客様にして、コンサルするのがコンサルタントの仕事です。

あなたのコンサルで確実に成果が出るのであれば、依頼料も当然高くなり、しっかりと儲けられるでしょう。

自分のスキルを使った仕事

自分が持っているスキルを使って個人事業主になることもできます。

カメラが好きならカメラマン、イラストが描けるならイラストレーターといった感じですね。

こういったスキルを販売する仕事には、相場や上限がありません。

あなたが有名になり、確かなスキルを持っているのであれば、1つの仕事だけで何十万円と稼ぐことも可能です。

さらに最近では、「ココナラ」「ランサーズ」といったスキルを販売できるWebサービスもあります。

一昔前と比べると、自分のスキルを使ってより稼ぎやすくなっているのは間違いありません。

個人事業主で儲かるために意識すべきこと

個人事業主で儲けるためには、仕事選びが重要です。

しかし、仕事選びと同じくらい、重要なことがあります。

それが、

  • ストック収入の意識
  • 副業から始めてみること

の2つ。

それぞれ詳しく解説していきますね。

ストック収入を意識しよう

個人事業主で儲かりたいなら、いつかはストック収入を意識した働き方が必要になります。

ストック収入とは、簡単に説明すると「資産を貯めることで増えていく収入のこと」です。

例えば、上記でも紹介したようなブログやアフィリエイトサイトは、ストック収入型の仕事に分類されます。

Web上にブログ記事を書くと、その記事はわずかながらも、半永久的に収益を生み出してくれます。

つまり、1度書けば、あとは放置するだけでも収益を生み出してくれるというわけです。

そんな記事を10記事、100記事と増やしていけば、当然ながら収入はどんどん増えていきます。

仮に1記事あたり毎月1,000円の収益が発生したとして、100記事を書けば毎月の収入は10万円です。

この10万円は、放置しておいても入ってくる収入になります。

つまり、ストック収入とは、積み上げれば積み上げるほど、簡単に収益を得ることができ不労所得のような存在になる仕組みなのです。

個人事業主は、会社が保証してくれるような働き方ではないので、ケガや病気をすると収入が途絶えかねません。

だからこそ、資産を積み上げて時間が経つにつれ楽になっていくストック収入が必要になるわけですね。

ちなみに、ストック収入には、不動産を買ったり、人を雇ったりという方法もあります。

ですが、ストック収入の中でも特に始めやすいのがブログ運営です。

ぼくはストック収入を目指したい人には、「ブログ運営をやればいいよ」と常に言っています。

ブログ収入について詳しく知りたい方は別記事「はじめてのビジネスはブログ運営が最強の理由」を読んでください。

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

副業から始めると安心

個人事業主のリスクの1つとして、「最初は収入が不安定」というのが挙げられます。

そのため、いくら儲かるといわれても、なかなかフリーランスとして独立できる勇気は出ないかもしれません。

そんな人におすすめなのが、最初は副業から始めることです。

例えば、ブログやプログラミングなら、パソコン1台あれば始められるので副業にピッタリです。

昼は本業の仕事を続け、週末の休みや平日の夜に副業として稼いでみる。

副業で月10万円くらい安定してきたら、思い切って独立する、という手順を踏んでみてはいかがでしょうか。

そうすれば、リスクをできるだけ低くしながら、儲けることが可能です。

ちなみに、副業から始める仕事としても、ぼくはブログ運営をおすすめしています。

ブログ運営について詳しくは別記事「はじめてのビジネスはブログ運営が最強の理由」で解説しているので、ぜひ読んでくださいね。

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

-好きを仕事にする

© 2021 20代のライフワーク Powered by AFFINGER5