起業ノウハウ

起業したいけどアイデアがない人は独立できない?僕はできました!【実体験】

テツヤ
こんにちは、テツヤです!
飲食店経営やブログ運営など、好きを仕事にしている20代社長です!

今回は、

あなた
起業したいけどアイデアがない
独立にはアイデアが必要??

こう悩んでいるあなたのための記事です。

結論からいいます。

起業や独立にアイデアなんて必要ありません!

テツヤ
実際、ぼくテツヤもアイデアなしから独立してます!

なんなら、アイデアよりも大切なことなんてたくさんある!

なので、起業したいけどアイデアがないって人は安心してください。

ということで本記事では、

起業や独立でアイデアが必要ない理由

を徹底解説し、

アイデアがない人がやるべき行動

もついでに紹介していきますね!

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

起業したいけどアイデアがない人は独立できない?結論:できます

まず最初に、あなたの疑問をズバッと解決しますね。

それは「起業したいけどアイデアがない人は独立できないの?」という疑問です。

最初に伝えましたが、結論からいうとアイデアがなくても起業はできます!

テツヤ
なんなら、ぼくもアイデア無しで独立しています!

ということで、アイデアがなくて悩んでいるあなたも安心してください。

では、なぜアイデアがなくても独立できるのか、その理由を少し解説していきます。

今の時代、誰かの真似をするくらいがちょうどいい

なぜぼくテツヤは「アイデアがなくても起業できる」と断言できるのでしょうか。

大きな理由の1つが、今の時代、誰かの真似したほうがうまくいきやすいからです。

一昔前までは、まだ人間の生活は豊かではなく、貧乏な人もたくさんいました。

なので、新しいサービスや技術が常に求められていたんですね。

つまり一昔前までは「革新的・斬新的なアイデア」が求められていたわけです。

しかし現代はどうでしょうか。

お金がなくてもスマホを持てるし、インターネットがあれば娯楽も満足できます。

冷凍食品でもめちゃくちゃ美味しいし、お手頃で充実したサービスなんて山ほどあります。

つまり、もう新しいサービスや技術を求める必要がないくらい、今の文化は完成されているんです。

もうスマホやテレビなんかに新しい機能を求める人なんていないですよね。

むしろ「昔くらいシンプルに戻してくれ!」という人も出てくるくらいです。

これはIT技術だけじゃなく、飲食や娯楽のサービスも同じです。

ある意味で、現代のサービスや技術は「人間が求めるレベルに達した」といえるでしょう。

「独立にはアイデアが必要だ」と考えている人の多くは、「革新的・斬新なアイデアは必要不可欠」と考えています。

しかし、技術が発展しサービスが充実している現代で、革新的なアイデアなんて必要ありません。

むしろ現代では、定番を少し工夫するくらいのサービスや技術が求められています。

例えば、ラーメン屋という定番に"高級"を加えるとか。

流行っているYouTuberの切り抜き動画なんかも、あなたのアイデアは0で、ただ編集作業するだけですからね。

このように現代では、今までの定番・みんなにすでに人気なコンテンツに沿うくらいが上手くいきます。

だから「アイデアを考えなきゃ」と悩む必要はありません。

むしろ「稼いでいる人の真似から始めよう」くらいの考えでいいんです。

最初は不純な動機で全然OK

ちなみに、独立を考えている人の中には「不純な動機で起業はダメ」と考える人もいます。

アイデアがないけど起業したい、ということは、大抵「不純な動機」がモチベになっていることでしょう。

例えば、

  • 雇われたくない
  • 自由に生きたい
  • 異性からモテたい
  • みんなに認められたい
  • お金持ちになりたい

などです。

「こういった不純な動機で起業してもうまくいかないよ」と聞いて焦っている人もいるかもしれません。

しかし、ぶっちゃけると、世の中のほとんどの経営者や起業家は不純な動機が最初のモチベーションです。

ぼくたちは人間です。

そりゃみ~んな「雇われたくない」とか「お金持ちになりたい」とかでビジネスを始めていますよ。

むしろ、そんな動機がなければ、わざわざリスクのある起業なんてしません。

成功者の多くは「困った人を救いたかった」とか言いますが、あれは体裁というやつですね。

もちろん、動機の1つとして「誰かの役に立ちたい」と考える人はいるでしょうが、必ず不純な動機もあるはずです。

むしろ、不純な動機のほうが、ビジネスの立ち上げ時は頑張りやすくなります。

「おれはどうしてもお金持ちになりたいんだ!」という個人の願望のほうが、壁を乗り越える力を与えてくれまるんですね。

ということで、あなたの起業したい理由が不純な動機であっても問題ありません

むしろ大正解。

そのほうが結果的にうまくいきやすくなります。

本ブログ管理人、テツヤの場合

「起業したいけどアイデアがない」と悩んでいるあなた。

そんなあなたに向けて、ぼくテツヤの経験談も伝えておきますね。

テツヤ
少しでも参考になってくれれば幸いです!

ぼくテツヤは、もともと実家暮らしのニートでした。

しかし親のスネをかじるのも限界があったので、どうにかしてお金を稼がねばと決意。

ただし、ぼくは根っからの「雇われたくないマン」。

なので、最初はまさに「雇われたくないけどお金は稼ぎたい」という超不純な動機で独立を考えたんです。

また、時間や場所に縛られる仕事もイヤでした。

そんな中、「パソコン1台で稼げる仕事」と検索して出てきたのが「Webライター」という仕事です。

Webサイトの記事を書く仕事で、パソコン1台で稼げるうえに、文章を書くのが嫌いじゃなかったぼくにはピッタリでした。

ということで、ぼくはWebライターとして食っていくこと決意。

数カ月の下積みを経験し、半年後にはWebライターとして生活費は稼げるようになりました。

そのあと開業届を出して、無事「フリーランス」として正式に独立したんですね。

この話、まさに、先ほど説明した「誰かがすでにやっている仕事の真似」ですよね。

別に革新的なアイデアというわけではなく、すでにある仕事を独立の仕事として選んだだけです。

テツヤ
でも、このWebライターという仕事、意外と稼げたんです

最高で時給3,500円ほどは達するようになりました。

そのあと、飲食店を開いたり今のブログ活動をしたりしていますが、どれもこれもアイデアは0。

ただ、世の中にすでにある仕事で自分に合いそうなやつを選んだだけです。

それでもお金は稼げているし、自由に仕事を楽しめています。

ぼくの話は特別な例ではありません。

これまで何人もの経営者と知り合ってきましたが、9割の経営者は大抵こんな感じです。

不純な動機で独立を決めて、定番に沿った仕事をこなしただけ。

それだけで、実際に自由な生活を手に入れています。

あなたも起業を考えているのであれば、アイデアなんかに縛られず、気軽に考えてみましょう。

起業したいけどアイデアがないときの5つの解決策

ここまで「起業したならアイデアがなくても大丈夫」という話をしてきました。

しかし、そこで出てくるのが「じゃあどんな仕事で独立すればいいの?」という疑問ではないでしょうか。

ここでは、起業したいけどアイデアがないときの5つの解決策を紹介します。

ここにある解決策を試せば、あなたの起業イメージが描きやすくなるでしょう。

すでにあるビジネスをやる

起業したいけどアイデアがないなら、すでにあるビジネスをやることです。

例えば、ぼくの場合はWebライターという仕事で独立しました。

世の中には、他にもいろんなビジネスが存在しますよね。

プログラマーもあればラーメン屋もあるし、不動産業なんかもあります。

まずは、世の中にどんなビジネスがあるのか、積極的に調べてみましょう。

ちなみに、特にこだわりがないならぼくは断然「ブログ運営」を初めてのビジネスとしておすすめしています。

詳しくは下記を読んでみてください!

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

好きなことを軸にビジネスを考える

個人的に最もおすすめなのが好きなことを軸にビジネスを考えることです。

例えば、料理が好きならお料理教室の先生になったりYouTubeで料理レシピを発信したりすればいい。

人と接するのが好きなら営業でもいいし飲食店を開いてもいいでしょう。

アイデアがない人の多くは、そもそも自分をしっかりと理解していません。

「自分は何が好きで、どんな働き方がしたいのか」

といったことを考えれば、起業のアイデアもおのずと浮かんでくるはずです。

もし好きなことが分からないと悩んでいるのであれば、本ブログの別記事「好きなことの見つけ方」を読んでみてください。

あなたにおすすめ好きなことが分からない?すぐに実践できる好きなことの見つけ方を紹介!

続きを見る

成功者から話を聞く

成功者から話を聞くのも、アイデアがない人におすすめです。

すでに起業している人に悩みを打ち明けてみましょう。

経営者と繋がる方法はいくつかあります。

例えば、

  • 地元の経営者に連絡
  • オンラインサロンへの参加
  • セミナーへの参加

などですね。

ちなみに、ぼくは独立当初、上記の3つをすべてやりました。笑

Facebookで地元の経営者を探してメッセージを送り、インフルエンサーのオンラインサロンに入り、セミナーの話があれば積極的に参加しました。

こうすることで、自分の視野が広がっていき、自分の起業イメージが思い描きやすくなります。

まずは副業でいろいろ挑戦してみる

最初から起業せずに、まずは副業でいろいろ挑戦してみるのもアリです。

別に、最初からリスクを負う必要はありません。

例えば、本業を続けながら夜はプログラミングの勉強をするとか、週末だけスタジオを借りてヨガを教えるとかです。

本業という後ろ盾があるので、失敗してもダメージはありませんよね。

いろいろと挑戦してみて、うまくいったものが見つかれば、独立を考えてみてはいかがでしょうか。

副業としても、ぼくは「ブログ運営」をおすすめしています。

ブログ運営の魅力については「はじめてのビジネスにブログ運営が最強の理由」を読んでみてください。

ビジネスを勉強する

起業でアイデアがないのであれば、ビジネスの勉強も超大事です。

マーケティングや営業、経営哲学などは積極的に勉強しておきましょう。

知識として頭の中に入っているだけでも、普段の生活からヒントを得やすくなります。

例えば、ぼくは飲食店のマーケティングをめっちゃ勉強したことがあります。

そうすると、普通にラーメン屋いくときでも「こうすればもっといいのに」とか「このお店が人気な理由はこれか」とか分かるようになります。

そうすれば「自分が起業するならこんな感じだな」と起業イメージが湧きやすくなるんです。

アイデアがないなら、せめて必要最低限の知識だけは入れておきましょう。

本ブログ「LIFEWORK LABO」でもビジネスや起業に関する知識を随時発信しています。

他の記事もチェックしてみてください。

起業したいけどアイデアがない人へおすすめの職業3選!

次に、起業したいけどアイデアがない人へおすすめの職業も紹介しておきますね。

「なんでもいいから起業したい!」って人は、とりあえず下記の3つから選んでみましょう。

パソコン1台で稼げる仕事

個人的に最もおすすめなのは、パソコン1台で稼げる仕事です。

具体的には、

  • ブロガー
  • プログラマー
  • 動画編集者
  • Webデザイナー
  • Webライター

などが挙げられます。

パソコン1台で稼げる仕事は、なにより始めやすいのが特徴。

最初に多額の資金が必要ないので、ビジネスをスタートしやすいです。

また、自宅から始められるし、時間も気にしなくていいのも魅力。

とはいってもパソコン1台で稼げる仕事は幅広いので、自分に合ったものを探してみましょう。

はじめてのビジネスはブログ運営が最もオススメ!

ちなみにパソコン1台で稼げる仕事の中で最もオススメなのはブログ運営です。

特にこだわりがないなら、最初のビジネスはブログ運営を選んでおきましょう。

ブログ運営には、

  • 月収100万円以上も目指せる
  • 働く場所や時間を選ばない
  • 特殊なスキルが不要で始めやすい
  • 自分の好きを発信できる
  • 初期費用、固定費がかからない

など、さまざまなメリットがあります。

ほとんどリスク0で始められるビジネスなので、「とにかく挑戦したい!」という人にはうってつけです。

ブログの始め方や魅力については別記事「ブログ運営が初めてのビジネスで最強の理由」を読んでみてください。

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

コーチング・コンサル業

コーチング・コンサル業も起業では始めやすい職種です。

例えば、

  • SNSコンサルタント
  • お料理教室の先生
  • ヨガインストラクター

などが挙げられます。

自分の得意なことを人に教える仕事ですね。

飲食店の開業などと違い多額の資金が必要ありません。

副業感覚で週末起業もできるので、スタートしやすい仕事といえるでしょう。

スキル販売系

スキル販売系もおすすめです。

あなたの持っているスキルを商品にして、お金を得ます。

例えば、

  • 占い
  • ネイリスト
  • 自作アクセサリー販売
  • 翻訳

などが挙げられます。

最近は「ココナラ」「ランサーズ」などスキルを販売できるサイトも充実しています。

店舗を持たなくても稼げるチャンスが増えてきているので、起業に向いている選択肢といえるでしょう。

こういった仕事についてもっと詳しく知りたい方は、別記事「独立しやすい仕事3選」で徹底解説しています。

おすすめ記事独立しやすい仕事とは?起業を見据えたときの重宝スキルを紹介!

続きを見る

【重要】独立・起業のアイデアよりも大切なこと

ここまでを読んで少しは「アイデアがなくてもいけそう!」と思ってもらえたでしょうか?

本記事では最後に、独立・起業のアイデアよりも大切なことをお伝えします。

アイデアを持つよりも大切なこと。

それは、ビジネスノウハウの習得です。

独立・起業したいなら、アイデアよりもビジネスノウハウの習得を重要視しましょう。

ビジネスノウハウとは、具体的に

  • お客さんの集め方
  • 適切な価格設定方法
  • 売上達成の原則の理解
  • 正しい事業計画の立て方

などが挙げられます。

起業・独立というのは、言い換えれば「自分でビジネスをする」ということ。

車を運転するには車の運転技術が必要なように、大前提としてビジネスをするならビジネスのノウハウが必要不可欠なんですね。

こういったビジネスノウハウがないばかりに、失敗する人をぼくはたくさん見てきました。

逆にいえば、ビジネスノウハウさえあれば、アイデアなんてなくてもなんとかなります。

ぼくも独立前にビジネスノウハウを勉強していたので、平均より早く成功できました。

ということで、本記事を読んでいるあなたは、ぜひビジネスノウハウについて勉強しておいてくださいね。

ちなみに本ブログ「LIFEWORK LABO」では、起業やビジネスに関する知識を随時発信中です。

これから独立したい人は、ぜひ他の記事も読んでみてください。

起業アイデアがない人でも独立は可能!いろいろと挑戦してみよう!

本記事のまとめです。

「起業アイデアがない人は独立できない?」と悩む人は多くいます。

しかし結論からいうと、起業アイデアがなくても独立は可能です。

なぜなら、現代ではアイデアよりも定番に沿うほうが上手くいくから。

また、アイデアに自信がない方は好きなことを軸にビジネスを考えてみたり、成功者に話を聞いたりしてください。

もし具体的な職業が思い浮かばない方は、

  • パソコン1台で稼げる仕事
  • コーチング・コンサル業
  • スキル販売系

などの仕事がおすすめです。

特にオススメはブログ運営です。

ブログ運営について詳しく知りたい方は↓

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

アイデアがなくても独立はできます!

悲観的になるのではなく、熱い心をもって、ぜひ起業に挑戦してみてください!

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

-起業ノウハウ

© 2021 20代のライフワーク Powered by AFFINGER5