好きを仕事にする

社会に適応できないぼくの末路【最高の人生を手に入れた】

ブログ・ブロガーノウハウを発信している
テツヤ
社会不適合者のテツヤです!

もともと辛い人生でしたが、仕事を変えたことで最高の人生を手に入れました!

今回は、

あなた
社会に適応できない自分がつらい...。あと何十年もこれが続くのか...。

と悩むあなたに向けて書いています。

社会に馴染めない、いわゆる「社会不適合者」

自分が社会に適応できないと感じるときって、マジでつらいですよね。

周りからは「甘え」とか「クズ」とか言われたりもします。

自分は障害なのか?と不安に思うこともあるでしょう。

では、社会に適応できない人は、一生つらい想いをしなければならないのか。

結論からいうと、社会不適合者でも最高の人生は手に入ります。

テツヤ
ぼくも楽しい毎日を手に入れた1人!

ということで本記事では、

  • 社会に適応できない人がもっと楽しく生きる方法
  • 社会不適合者は無理に変えなくていいんだよ

などの話をしていきますね。

ブログを始めて自由人になった話とあなたもブログで自由になる方法

続きを見る

社会に適応できない人はクズか甘えなのか?

会社員時代

社会に適応できないと自覚したときに思うこと。

あなた
自分ってクズなのかな?
あなた
社会人として甘えてるのかな?

ってことですよね。

これ、ぼくの持論ではありますが。

社会に適応できないからといってクズや甘えではありません。

たしかに、自分なりに直せる部分があるなら直すべきです。

しかし、

  • 他の人が普通にできていることがどうしてもできない
  • ただ生きているだけでストレスがたまる

って人は、無理に治そうとする必要はありません。

一昔前ならともかく、今の時代は、そんな人でも楽しく生きられる選択肢はあります。

記事後半で詳しく話しますが、ぼくも社会に適応できないながら最高の人生を手に入れました。

あなたに言いたいことは、社会に適応できないからといって自分を責めないで、ってことです。

自分を責めて精神をすり減らすより、「無理をしないで、どう楽しく生きるか」を考えましょう。

社会に適応できない人の特徴

そもそも、あなたは本当に社会に適応できないタイプなのでしょうか。

せっかくなら社会に適応できない度を診断してみましょう。

ここでは社会に適応できない人の特徴を5つ挙げてみました。

自分が社会不適合者寄りなのかどうか、チェックしてみてください。

人とのコミュニケーションがストレス

社会に適応できない人の特徴1つ目は、人とのコミュニケーションがストレスなことですね。

他人と会話するだけで疲れる。

印象の良い相づちや笑顔ができない。

飲み会とか遊びとか誘われても行きたいと思わない...。

そんな感覚がある方は、社会に適応できない側の人間かもしれません。

ルールに縛られたくない

ルールに縛られたくない人も、社会不適合者と言われやすいです。

例えば、会社や学校のルール。

  • 〇時までに出社しましょう
  • 休憩中の〇〇は禁止
  • 〇〇が起きたら〇〇をして

みたいなルールにストレス感じる人は要注意。

こういったルール、意外とみんな気にならないようですね。

ぼくは「なんで?」「自分の好きなようにやらせて」と思うタイプでした。

やりたいことがあると我慢できない

自分の中で「これやりたい」と思ったら我慢できない人も世間からズレているようです。

例えば、

「明日は仕事でもう深夜だけど、どうしてもゲームがやめられない!」みたいな。

「これ言ったら嫌われるかもだけど、どうしても言ってしまう!」とかね。

自分なりにセーブしたり加減できない人は、社会不適合者寄りかもしれません。

ただ、こういった「やりたいことは我慢できないタイプ」の人。

社会からするとNGと見られがちですが、実は優秀な才能でもあるんですよね。

そのあたりは記事後半で詳しく解説します。

プライドが高い

プライドが高い人も社会では生きづらいと思います。

他人からのいじりに対して笑ってやり過ごせなかったり...。

自分を下げて相手から許しを得るのが困難だったり...。

そういったのができない人は、社会人になると大変だと感じます。

もちろん、このぼくもプライドが高いタイプ(笑)

自分では正しいことをしているつもりなので、プライド高いと言われるとストレスたまりますよねぇ。

周りの常識に合わない

周りの常識に合わない人も社会に適応しづらいはず。

例えば、

  • こういうときは挨拶するんだよ
  • 相手への返事は早めに
  • 手土産とかもっていこうね
  • お酌は両手でグラスを持って

などなど。

普通に考えて、気にすること多すぎて大変ですよね。

でも、世間一般ではみんな普通にこなしているんだから感嘆します。

「なんでこんなことまでやらないといけないの?」って思うことが多い人は社会不適合者と診断されるかも。

社会に適応できないぼくの末路【最高の人生】

ブログ・ブロガーノウハウを発信している

本記事を書いているぼくテツヤも、社会に適応できない人間です。

実際、社会不適合者な自分に悩んだ日々もあります。

しかし、結論からいうと、今のぼくはストレスを感じず理想の毎日を送れています。

ここでは、ぼくが最高の毎日を手に入れるまでの経緯を説明しますね。

あなたの参考になったら幸いです。

ストレスフルだった会社員時代

ぼくは今でこそ個人で稼いでいますが、もともと会社員でした。

しかし、ぼくはオフラインでのコミュニケーションが苦手で、会社に縛られるの嫌い。

だから、当時は会社に通うのが苦痛で仕方なかったんです。

上司や同僚からも距離を置かれるタイプで、仕事が楽しいと思ったことは1度もありませんでした。

「社会人ってなんでこんなにしんどいんだ」と悩んでいたのを覚えています。

「この状態があと何十年も続くのか」と思うと絶望でしたね。

社会と離れたくて副業を開始

社会不適合者として辛い現実に耐えていた会社員時代。

しかし、あるとき急に「このままじゃいやだ!人生を変えたい!」と思ったときがありました。

そこから、「どうすれば一般社会が苦手でも楽しく生きられるのか」と研究する日々が始まります。

そして頭の中でたどり着いたのが、

テツヤ
そうだ!社会と離れながら稼げばいいんだ!

という結論です。

つまり、社会に溶け込みながら働くのではなく、誰とも関わらず社会のルールにも従わずに働く。

そうすれば、きっとストレスなく毎日を暮らせるだろうと思ったのです。

そこからぼくは、社会と離れるために「ブログ」という副業を始めました。

ブログならパソコン1台、かつ1人で稼げます。

「ブログならきっと社会に適応できない自分でも楽しく稼げる」と思っていました。

脱サラ達成⇒沖縄の田舎で悠々自適

本業を続けながら、それ以外の時間を副業のブログに充てる日々。

幸いなことにブログの売上は順調に伸びていき、生活費を稼げるほどまでの金額になりました。

そしてついにブログで脱サラを達成!

今では、ブログをメインに沖縄の田舎で悠々自適な生活を送れています。

自分1人でも稼げるようになったので、もう昔のようなストレスはありません。

ルールを決めるのも、働く量を決めるのも、すべて自分です。

それどころか最近は月収100万円も突破し、会社員よりも贅沢ができるようになりました。

住む場所、働く時間、働くルール、人間関係、etc...。

今のぼくはすべてが自由。

社会に適応できなかったからこそ、そのおかげで一般社会人よりもずっと最高の人生を手に入れました。

社会に適応できない人がやるべき仕事

今の時代、社会に適応できない人でも楽しく人生を送る手段はあります。

特に重要となるのが、仕事選び。

ぼくも、仕事を変えたことで、社会に適応できなまま楽しい毎日を過ごせるようになりました。

では、社会不適合者の人は、どんな仕事を選べばいいのか。

本記事では最後に、社会に適応できない人がやるべき仕事を紹介します。

社会と関わらない仕事が一番

社会不適合者の中には、固定概念に苦しんでいる人が多くいます。

その固定概念の1つが、

あなた
社会に馴染めなくても会社員をがんばらなきゃ!

という考え。

しかし、この考えで苦しむ必要はありません。

ぼくから言わせてもらうと、社会不適合者が社会に馴染むのは至難の業です。

無理に自分を変えようとしてストレスをためるのは、体によくありません。

ということで社会不適合者の人の仕事選びは、「社会と関わらない仕事」を選ぶようにしましょう。

社会と関わらない仕事はたくさんある

今の時代、社会と関わらず個人で稼げる仕事はたくさんあります。

その1つが、ぼくが稼いだブログですね。

そのほかにも、

  • SNSインフルエンサー
  • エンジニア
  • クリエイター

などなど。

Web系が苦手なら、

  • 陶芸家
  • 絵描き

みたいな仕事でもいいかもしれません。

無理に周りに合わせるのではなく、周りに合わせなくていい仕事を探すのが大切です。

このあたりは、別記事「1人でできる仕事で起業」で詳しく解説しています。

おすすめ記事
一人でできる仕事で起業!3つのおすすめ職業を現役経営者が紹介!

続きを見る

仕事次第では欠点が長所になる

社会に馴染めないという欠点は、場面によって長所になることもあります。

社会に適応できない人には、

  • ルールに縛られるのが嫌
  • やりたいことが我慢できない
  • コミュニケーションが苦手

などの特徴がありましたよね。

これは裏を返せば

  • 自分で新しいルールや常識を作れる
  • やりたいことへのエネルギーは人一倍
  • 1人の仕事は誰よりも集中できる

などの長所になるのではないでしょうか。

つまり、仕事選びでも、自分の欠点が長所になる仕事を選べばいいんです。

ぼくもブログで欠点が長所に。

ちなみに、ぼくもブログ運営をすることで、欠点が長所になりました。

人とのコミュニケーションは苦手だったけど、その分1人での仕事には集中できる。

だから、1人でもくもくと作業するパソコン作業は全然苦痛ではありませんでした。

また、やりたいことが我慢できず、ルールに縛られるのが嫌。

だから、いくらでも自分を表現できるブログで、独創的な記事を書いたり、デザインを作れたりできたんですね。

そして結果的に、ブログで稼げるようになって、すごく自由な生活を送れているわけです。

あなたにもブログはおすすめ

ちなみに、もしあなたが

あなた
社会と関わらない仕事はしたいけど、アイデアがまったくない...

と悩んでるなら、あなたにもブログはおすすめです。

いくつか魅力を伝えましたが、ブログ運営は、本当に社会不適合者にピッタリ!

他にもブログ運営には、以下のメリットがあります。

ブログのメリット

  • パソコン1台で稼げる
  • 1人で働けるから人間関係が楽
  • 不労所得になるから自由度が上がる
  • 月収7桁も目指せる
  • 自分の好きなことを発信して稼げる
  • 固定費・初期費1,000円程度

まさに、仕事選びに悩んでるならピッタリですよね。

ブログはやろうと思えば今日からでも始められます!

半年後、1年後には人生が変わっているかも...。

あなたが少しでも仕事を変えて人生をより良くしたいなら、ぜひブログに挑戦してみてください。

期間限定:ブログの稼ぎ方を公開中

と、ブログの魅力を伝えましたが...

あなた
ブログって言われてもなにからやればいいか分からないし...

と思う人もいることでしょう。

ぼくは現在、そんな「ブログやりたいけど、やり方が分からない」という人に向けてブログのノウハウを無料公開しています。

その名も

「ブログ未経験から最短で月30万円を稼ぐ方法」

です。

ノウハウのチェック方法は、ぼくの公式LINEに登録するだけ。

ぼくのLINEに登録すれば、ぼくが脱サラまで達成したブログの稼ぎ方を無料でチェックできます。

なぜLINEかというと、ブログに書くと長くなるし、ノウハウをばらまいて価値を下げたくないからです。

また、今だけ定価2,000円の情報発信で稼げるようになるワークシートも無料配布しています。

ぼくの経験を使って誰かの役に立ちたい!と思って、いろいろ提供することにしました。

少しでもブログに興味が出たら、チェックしておいて損はないかと思います。

あ、ただしそろそろ公開停止するかもなので、チェックはお早めにお願いします。

LINE登録は下記からどうぞ。

\未経験でも稼ぐ方法を公開中/

今すぐ公式LINEを追加する

※まもなく公開停止

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

\タメになったらシェア/
👇👇👇

-好きを仕事にする

© 2022 20代のライフワーク Powered by AFFINGER5