好きを仕事にする

凡人がお金持ちになる方法はたった1つ。現役経営者が具体的に解説します。

テツヤ
こんにちは、テツヤです!
飲食店経営やブログ運営など、好きを仕事にしている20代社長です!

今回の記事では、

  • どうすればお金持ちになれるの?
  • お金持ちになる方法を知りたい

あなたのこんな悩みを解決します。

結論から言います。

凡人がお金持ちになる方法はたった1つです。

それは、

自分で事業を起こすこと。

これだけ聞くと

あなた
当たり前じゃん

とか

あなた
え、難しそう

とか思うかもしれません。

しかし、本記事を読んでいけば、きっとあなたも納得するはず。

そして、この記事を読んだあとは

あなた
俺もお金持ちになれるかも!

と思えるはずです!

詳しく解説していきますね。

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

凡人がお金持ちになるたった1つの方法は事業を起こすこと

結論を先に言いましたが、凡人がお金持ちになる方法はたった1つです。

それが事業を起こすこと。

要は、自分で仕事をつくり、自分で稼ぐことです。

それ以外でお金持ちになる方法はありません。

いえ、厳密にいえばそれ以外でもお金持ちになる方法はありますが、事業を起こすのが最も簡単なルートなのです。

これから、その理由を解説します。

年収3000万以上の3人に1人は起業経営者である

まず、お金持ちといっても定義は人によって違うと思います。

年収1000万がお金持ちだという人もいれば、年収1億円がお金持ちという人もいるでしょう。

しかし今回は、使いやすいデータがあるので、年収3000万以上の人をお金持ちと定義します。

テツヤ
少なくとも年収3000万円は貧乏とか庶民レベルではないですよね

ほとんどの人は「年収3000万円=お金持ち」と考えるはずです。

そして2001年に国税庁が発表した「高額納税者名簿」では、年収3000万円以上の職業の割合が公開されています。

その名簿によると、年収3000万円以上の職業の割合は以下のとおり。

  • 1位:企業経営者(33.3%)
  • 2位:医師(15.4%)
  • 3位:経営幹部(11.6%)
  • 4位:芸能人,スポーツ選手(2.2%)
  • 5位:弁護士(0.4%)

なんと、データによると年収3000万円以上の3人に1人は企業経営者です。

企業経営者とは、簡単にいうと、自分で事業を起こした人です。

もちろん中には2代目や3代目もいるでしょうが、事業を自分で持っていることに変わりはありません。

つまりこれは、「自分で事業を起こす人はお金持ちになりやすい」という事実を示しています。

このデータを見ると、

年収3000万円以上を狙うのであれば、企業経営者を目指したほうが可能性が高い。

という結論が導けます。

もっと詳しく>「お金持ちに多い職業は?徹底研究!」

逆に言えば会社員はお金持ちになれる可能性が低い

上記のデータを見ると、当たり前ですが「会社員」や「フリーター」のような職業は入っていません。

もちろん世の中には会社員でお金持ちの人もいるかもしれませんが、ランキング5位の弁護士ですら割合は0.4%です。

会社員でお金持ちの人がいても、その割合は0.4%より低くなることが分かります。

これはつまり、会社員はお金持ちになれる可能性が極めて低いということです。

会社員やフリーターなんかで「お金持ちになりたい!」ってのはほぼ不可能なんですね。

なので、あなたがお金持ちになりたくて現時点で会社員ならば少しでも早くキャリアを変える必要があります。

別に高いハードルを感じる必要はない

お金持ちになりたいのなら事業を起こして企業経営者になるべし。

という持論は可能性として間違いないようです。

とはいえ、

あなた
事業を起こすって大変でしょ

と心配になる人もいるかもしれません。

このような心配は多くの人が思うかもしれませんが、ぶっちゃけ心配不要です。

企業経営者と聞くと、スティーブ・ジョブズとか孫正義などの大実業家をイメージするかもしれませんが、そんな大物になる必要はないんです。

企業経営者がお金持ちになるという本質は、自分で仕事を作り出して自分でお金を稼ぐってところだからです。

別に社員を雇わなくてもいいし、会社を上場させなくてもいい。

大物にならなくていいんです。

事業さえ起こせば、事業が小規模でも年収3000万円くらいなら目指せます。

その理由を次項で解説しますね。

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

事業を起こすのがお金持ちになりやすい3つの理由

事業を起こすことはお金持ちになる最も簡単な方法です。

では、なぜ事業を起こせばお金持ちになりやすいのでしょうか。

そこには3つの理由があります。

それぞれ詳しく解説していきますね。

上から搾取される心配がない

事業を起こすことで得られるメリットの1つが、搾取される心配がないことです。

自分で仕事をつくり、自分でお客様からお金をもらう。

この行為には、誰かからの搾取がありません。

例えば、あなたが会社員の営業マンだとします。

あなたがお客様から1,000万円の契約を取ったとしましょう。

あなたは、その1,000万円をまるまる給料としてもらえるでしょうか。

答えはNOですよね。

あなたがいくらの契約を取ろうが、給料はほとんど変わりません。

これは会社が先に利益を取っているからです。

会社が十分な利益を取って、余った金額があなたの給料として支払われます。

これでは、あなたがどれだけ頑張ってもお金持ちになる可能性は低いまま。

一方で企業経営者であれば、取る利益はあなたが先に決められるので、お金持ちになりやすいんです。

完全成果主義である

完全成果主義である点も、事業を起こすことで得られるメリットです。

会社員はどれだけ働いてもどれだけ成果を残しても会社が給料を決めます。

つまり、成果が給料に反映されにくいんです。

しかし一方で、あなたが事業を起こせば、その事業で成功した利益はまるまるあなたのものです。

会社員のように、限界があるわけではありません。

やればやるだけ、稼げば稼ぐ分だけあなたの手元にはいります。

あなたが1億稼ぎたかったら稼げばいいし、10億稼ぎたかったら稼げばいいんです。

搾取される会社員と違って、お金持ちになりやすい理由も分かりますよね。

仕組み化ができる

「お金持ちとは仕組み化をした人たち」という言葉を聞いたことはありませんか?

仕組み化とは、簡単にいうと自分が動かなくてもお金が発生するシステムを構築することです。

例えば、あなたが社員を雇い、営業や売上の管理などの業務をすべて社員に任せたとします。

すべての業務を社員に任せられれば、あなたは働かずに会社の売上は伸びていくはずです。

売上の何%かは社員に給料として渡し、残りの利益はあなたのものとします。

こうすると、あなたは働かずにお金をもらうことができますよね。

余った時間で、同じような会社を立ち上げ続ければ、お金はみるみる増えていきます。

これが仕組み化です。

会社員では、このようなことできませんよね。

会社員が自分の仕事を誰かにお金を払って任せる、ってのは基本NGなはずです。

しかし、企業経営者は自由に仕組み化ができます。

別に社員を雇わなくてもいいんです。

「ネット上に通販サイトをつくって自動で集客し、モノが勝手に売れるようにする」なんてのも立派な仕組み化です。

このように仕組み化を考えることができれば、お金はどんどん増えていきます。

テツヤの知り合いの経営者の話

せっかくなんで、より説得力を持たせるために、ぼくの知り合いの経営者の話もしますね。

ぼくはこれまで、いろんな経営者の方と会ってきました。

テツヤ
その中でも、沖縄県の北部に大きめのカフェを経営している社長はなかなかすごいです

彼はつい最近、那覇市や本島中部にも違うお店を出し、うまくいっているようです。

彼はまだ20代ですが、なんと毎月100万円を自分の給料にし、家賃や車は会社の経費として使っています。

実質、年収2,000万円くらいの生活ができているんですね。

そしてなにより、その人はカフェの仕事をすべて社員とアルバイトに任せているので、いわゆる労働はしていません。

午前中は好きなだけ眠り、午後からは新しい事業の計画などをしているようです。

彼がこの自由な状態になるまで費やした時間、たったの2年です。

2年前に起業し、今ではお金を稼ぎながらも自由な生活をゲットしています。

こんな状態、経営者以外でなければなかなか実現できませんよね。

こういう人って普通の人は会わないだけで、実は意外とゴロゴロいます。

それほど経営者って夢のある選択肢なんです。

経営者以外の「お金持ちになる方法」がおすすめではない理由

事業を起こすのがお金持ちになる最も簡単な方法です。

ですが中には「他の方法でもいいのではないか」と考える人もいるかもしれません。

たしかに、他の方法でもお金持ちにはなれます。

ですが、自分で事業を起こすよりもはるかにお金を稼ぐハードルは高くなるので注意が必要です。

お金持ちになれる代表的な方法と、なぜそれがおすすめではないのかを解説していきます。

投資家はもともとお金持ちでなければ稼げない

お金持ちの代名詞として挙がりやすいのが投資家です。

FXトレーダーや不動産投資家、なんかよく聞きますよね。

しかし、投資家という職業は前提として大量のお金を持っていなければ稼げません。

投資家というのは基本的に「お金を投資して数パーセントの利益をもらう」という稼ぎ方だからです。

例えば、代表的な「株投資」の場合、1年の配当金でもらえるのは投資した分の5%程度です。

仮にあなたが10億円を投資したのであれば、年間5,000万円も稼げます。

でも、もしあなたが100万円しか投資できなければ年間5万円しか稼げません。

これは不動産でも国際投資でも基本的に同じです。

お金があればその分稼げますが、お金がなければもらえる額は微々たるものです。

なので、投資家として稼ぎたいなら、もともとお金持ちである必要があるんですね。

芸能人やスポーツ選手は強い運や才能も必要

芸能人やスポーツ選手もお金持ちの代表例としてよく挙げられます。

一流芸能人やスポーツ選手は、やはりお金持ちが多いです。

でも、これは言う必要もないと思いますが、稼げる芸能人やスポーツ選手になるのは至難の技です。

あなたがよほどの自信があるのであれば目指してもいいのですが、リスクが高いのは言うまでもないでしょう。

相当の根性と運、才能が必要です。

さらに一時は稼げても、すぐに稼げなくなる可能性も高いのがこの業界です。

お金稼ぎが目的ならば、芸能人やスポーツ選手はおすすめできません。

経営幹部になるには運と年月がかかりすぎる

年収3,000万円以上のお金持ちの10人に1人は経営幹部です。

要は、会社の副社長とかですかね。

このポジション、意外と狙えそうですがそうはいきません。

経営幹部で年収3,000万円以上も狙えるのは、誰もが名前を知っているような大企業だけです。

入社することすら難しい大企業で、一握りのトップを目指さなければなりません。

さらに、大企業であれば20代や30代でトップになるのは不可能なはずです。

どれだけ頑張っても40代、普通なら50代でなれるかなれないかの世界が大企業の経営幹部です。

運も年月も必要な経営幹部。

まだ自分で事業を起こしたほうが可能性が高いと思いませんか?

事業を起こしてお金持ちになる3つのステップ

ここまでの解説で、事業を起こすことがお金持ちになる方法として最適なのは分かってもらえたと思います。

しかし、事業を起こすってのはやはりハードルが高く感じますよね。

ということで本記事では、事業を起こしてお金持ちになる3つのステップまで紹介します。

たった3ステップだけかもしれませんが、お金持ちになる確実な手順です。

Step1.やりたいことを見つける

一口に「事業を起こす」といっても、選べる業種はさまざまです。

ITや飲食、アパレルなどなど、まずは自分でやりたい事業を見つけましょう。

年収3,000万円は、ほとんどの業種で達成可能だと考えています。

当たり前ですが、世の中にはITでお金持ちになっている人もいれば飲食でお金持ちになっている人もいます。

そのため、「どの業種がお金持ちになれるんだ」ではなく、自分がやりたい業種を選ぶことが大切です。

言い換えれば「仕事にでもできる自分の好きなこと」を見つけるってことですね。

「自分がやりたいことが分からない」という方は、別記事「好きなことの見つけ方」を読んでみてください。

また、どんなジャンルでも発信できる「ブログ運営」を始めてみるのもオススメです!

参考記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

Step2.やりたいことで稼ぐ方法を考える

やりたいことが見つかれば、あとはそのやりたいことで稼ぐ方法を考えましょう。

例えば、あなたがファッション業界が好きなら、どうやってファッションでお金をつくるのか。

店舗を持つのか、インターネットで売るのか、価格はいくらにするのか、などなど。

同じ業種でも、稼ぎ方や考え方は幅広くあります。

やりたいことで稼ぐ方法が分からない方は別記事「好きを仕事にする方法」を読んでみてください!

関連記事:「好きを仕事にするたった1つの考え方」

Step3.トライ&エラーで行動を続けていく

やりたいことで稼ぐ方法を考えたら、あとはトライ&エラーで行動を続けていくだけです!

どんなことでもいいので、小さく始めてみましょう!

例えば、アパレルブランドを展開したいのなら、自分で数着つくってみて手売りしてみるとか。

よほどの大天才じゃない限り、「最初から大成功!」なんてのは有り得ません。

だからこそ、まずは小さく始めて100円でもいいので自分で稼ぐことが大切!

ぼくテツヤも、最初は月10万円稼ぐことを目標に、いろいろな事業に挑戦してきました。

そうやって挑戦を続けていくことで知識とノウハウが溜まり、稼ぐ方法が分かってきます。

稼ぐ方法が身に着けば、お金持ちになるのは簡単です!

あなた
とはいっても小さく始める方法すら分からない

という方は、まずはブログ運営から始めるのもオススメです!

詳しくは↓

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

凡人がお金持ちになる方法に「ハードルが高い」と感じる人へ

凡人がお金持ちになる唯一の方法は、自分で事業を始めること。

とはいっても、こんな記事で「事業を始めましょう!」と言われて始められる人なんて少ないですよね。

例えば、飲食店をやりたくても飲食店を始めるハードルなんて高すぎます。

とはいえ、

あなた
お金持ちにはなりたいからなぁ

と悩むのも事実。

そんなあなたも安心してください!

ぼくは、そんな「お金持ちになりたいけど大きな賭けには出られない」というビジネス初心者に向けてブログ運営をおすすめしています。

ブログとは、あなたが読んでいるこの記事のように、自分の好きなテーマを発信したメディアのことです。

ブログ運営には、

  • 月収100万円も目指せる
  • パソコンがあればすぐに始められる
  • 特殊なスキルが要らない
  • 場所や時間を選ばないから楽ちん
  • 不労所得に近い状態を目指せる

など、さまざまなメリットがあります。

テツヤ
ぼくもブログを始めて会社員時代の2倍の給料を得られるようになりました!

マジでビジネス初心者には向いている職業だし、凡人がお金持ちになる方法として最適な選択肢です。

ブログ運営についての魅力や始め方は、別記事「ビジネス初心者が最初にブログ運営を始めるべき理由」で詳しく説明しています。↓

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

お金持ちになる方法はシンプル!あとはやるかやらないか

本記事のまとめです。

凡人がお金持ちになる方法は、たった1つ。

それは、自分で事業を起こすことです。

自分で事業を起こせば

  • 搾取されない
  • 成果主義で金額が決まる
  • 仕組み化が可能

などのメリットを得られるので、お金持ちになれる可能性があがります。

投資家やスポーツ選手などを目指すよりも、お金持ちになる可能性がはるかに高い選択肢です。

お金持ちになる具体的なステップは下記のとおり。

  1. やりたいことを決める
  2. やりたいことで稼ぐ方法を考える
  3. トライ&エラーで継続

このたった3ステップで確実にお金持ちに近づきます。

ちなみに「事業を始めるのはハードルが高い」と感じる人には、最初のビジネスとしてブログ運営がおすすめです。

詳しくは別記事を読んでください。↓

おすすめ記事

初めてのビジネスはブログ運営が最強の理由【めちゃくちゃ稼げる】

続きを見る

ぼくのブログ「LIFEWORK LABO」では、ビジネスや起業に関する知識が学べます。

ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

今回は以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました!

-好きを仕事にする

© 2021 20代のライフワーク Powered by AFFINGER5