起業ノウハウ

クワドラントとは?クワドラントの意味とあなたが金持ち父さんになる方法

今回の結論

本気で自由になりたければ、先に投資はNG!

あなた
『金持ち父さん、貧乏父さん』の話で「クワドラント」という考え方があるらしい
あなた
クワドラントとは、一体どういう意味なんだろう

といった疑問を解決します!

 

テツヤ
20代社長のテツヤです!

ぼくはクワドラントという考え方を知って起業した1人!

今回は周りの経営者からも話を聞いたうえでクワドラントの考え方を徹底解説します!

 

「お金持ちになりたい!」

「成功して自由な暮らしをしたい!」

と思っているあなたは、「クワドラント」という言葉を一度は耳にしたことがあるはず。

 

実を言うと、クワドラントの考え方には、お金持ちになるための重要なヒントが隠されているんです。

それを知らずに過ごしていると、あなたはお金持ちになる唯一のチャンスを逃してしまうかも。

 

テツヤ
このクワドラントを理解できるかどうかで、これからの人生のお金持ち度が変わります!

 

ということで今回は!

  • クワドラントとは?その意味と4つの稼ぎ方について
  • 会社員では一生お金持ちになれない話
  • 本当のお金持ちになる具体的な手順

について解説していきます。

もくじ

クワドラントとは?クワドラントの意味を解説

クワドラントとは?金持ち父さん貧乏父さん

クワドラントとは、ロバート・キヨサキさんの著書『金持ち父さん、貧乏父さん』に出てくる、お金の稼ぎ方を4つの区分に分けたもの。

  • 従業員(E)
    [Employee]
  • 自営業(S)
    [Self employee]
  • ビジネスオーナー(B)
    [Business owner]
  • 投資家(I)
    [Investor]
従業員(E):Employee ビジネスオーナー(B):Business owner
自営業(S):Self employee 投資家(I):Investor

著書では、働き方や稼ぎ方によって、ヒトは上記4つのクワドラントいずれかに分類されると説明しています。

例えば、あなたが会社員であれば「従業員(E)」。

会社の社長だったら「ビジネスオーナー(B)」といった感じですね。

クワドラントとは?クワドラントの4つの稼ぎ方

クワドラントは4つに区分されると説明しました。

ここからは、4つのクワドラントの稼ぎ方の違いについて説明していきます。

各クワドラントによって、お金の稼ぎ方にどのような違いがあるか確認していきましょう。

従業員(E)

雇われることで稼いでいる人は、従業員(E)に分類されます。

例えば、

  • 会社員
  • 公務員
  • アルバイト

などは、このクワドラントになりますね。

従業員の稼ぎ方の特徴は、「自分の時間を切り売り」すること。

つまり「労働時間=稼ぎ」になります。

例えば、会社員の労働時間は大抵8時間ですよね。

その8時間という時間を会社に捧げる代わりに、決まった額の給料を得ています。

アルバイトにしても、

「時給1,000円」

とか、

「日給1万円」

とかで、自分の時間を売って稼いでいるんです。

なので、確実に決まった収入を得られる反面、決まった額以上の稼ぎを得られないデメリットがあります。

自営業(S)

パソコンで仕事・ブログ

会社や組織に属さず、自分1人で独立して稼ぐのが自営業(S)

  • 個人事業主
  • 開業医
  • 弁護士

などが該当します。

自営業も従業員と同じく「労働時間=稼ぎ」となる業種です。

ただ、従業員とは違い、自分のスキルや経験と比例して収入が増えていきます。

例えば従業員の場合、モノを1個売っても10個売っても、もらえる給料は同じ。

でも自営業なら、10個分の収入がそのまま入ってきます。

なんなら、スキルを活かして20個や30個売ればもっと稼ぐことも可能。

というように、労働時間を切り売りしつつも、自分の力で稼ぎを伸ばしていけるのが自営業なんです。

ビジネスオーナー(B)

ビジネスオーナー(B)は、人を働かせて稼ぐのが特徴

会社の社長とか、印税で稼ぐ人などが該当しますね。

ビジネスオーナーが働くのは、会社の立ち上げのときだけ。

最初に稼ぐ仕組みを作っておいて、あとは従業員に働かせるんです。

なので、わざわざ自分が働かなくても勝手に収入が入ってくるんです。

いわゆる「不労所得」というやつですね。

しかも、収入の上限は一切ナシ。

会社が大きくなるほど、収益も右肩上がりに増えていきます。

労働ほぼ0にも関わらず、大きな稼ぎを得られるのがビジネスオーナーなんです。

投資家(I)

人生、勝ち組、逆転、起業、独立

自分のお金を投資することで、大きな利益を得るのが投資家(I)。

数億や数十億のお金を持っている資産家などが該当します。

やることと言えば、お金をただただ投資するだけ。

労働はもちろん、自分で事業を立ち上げたり、従業員を働かせることもありません。

あえて言うなら、

「お金を働かせている」

といった感じですかね。

なので、寝ていても遊んでいてもお金がジャンジャン増えていきます

有望な会社やビジネスに投資することで、莫大な利益を得られるのが投資家(I)なんです。

クワドラントの従業員(E)では一生お金持ちになれない話

人生・ビジネス・会社・仕事

と、ここまでは「クワドラント」の4つの働き方を解説してきました。

テツヤ
クワドラントはここからの考え方が重要です!

ここで一つ言いたいのは、従業員(E)では一生お金持ちになれないということ。

いつまでも会社員のままでは、あなたが夢見ているような生活は100%できませんよ。

「労働時間=稼ぎ」では収入に限界がある

サラリーマン

お金持ちになりたいなら、会社員のままではダメ。

本著にも、

「従業員(E)や自営業(S)では本当のお金持ちにはなれない」

といったことが書かれています。

上記の2つは、いわゆる「労働収入」。

「労働時間=稼ぎ」

になるんですね。

1日は24時間と決まっているので、労働時間には限度があります。

つまり、労働収入で稼げるお金には上限があるということ。

特に従業員は、働く時間や給料の額がキッチリ決まっています。

いくら体力や気力があったって、

「毎日15時間働きたい!」

とか、

「毎月100万円分働きたい!」

といった希望は通りませんよね。

なので、自ら労働して稼ぐ業種、特に従業員では真のお金持ちになれないんです。

主導権が自分ではなく会社にある

従業員って、主導権が常に会社側にあるんですよね。

そうなると、いざというときにめちゃくちゃ困ります。

例えば、

  • いつ働くか(勤務時間)
  • どこで働くか(所属部署)
  • どんな仕事をするか(業務内容)

など、決めるのは全て会社側です。

なので、

「業務時間を減らされた」

とか、

「給料の低い部署に異動になった」

などで、いきなり収入が減ることも。

もちろん、いきなりクビを宣告されることだって余裕であります。

また、業務内容も決められているので、新しいスキルを身に付けるのも不可能。

いざクビになったときに、潰しが効かない人間になってしまいます。

このように従業員は、自分の将来を会社側に委ねている状態なんです。

思考停止ですべて会社に任せているようでは、いつまでたってもお金持ちにはなれないですよ。

自営業(S)も稼ぎには限界がある

ネット起業・お金・パソコン・成功例

ちなみに、自営業(S)も稼ぎには限界があります。

従業員よりは圧倒的に稼げますが、結局「労働時間=収入」という点は変わらないからです。

仮に時給1万円であっても、1日8時間働いて月収200万くらいが限界です。

しかも、事故で入院などすれば収入がストップするのでリスクが高いことに変わりありません。

小金持ちにはなれますが、本当の意味でのお金持ちにはなれないのが自営業です。

本当のお金持ちはビジネスオーナー(B)と投資家(I)

と、ここまでは

「従業員のままではお金持ちになれない」

という話をしてきました。

自営業であっても、せいぜい小金持ち程度が限界です。

では、どうすれば時間とお金から解放される本当のお金持ちになれるのか。

結論、本当のお金持ちになる道は、ビジネスオーナー(B)か投資家(I)の2択しかありません。

というのも、2つに共通していることは「不労所得」。

ポイントは働かずして莫大な収益を得られることにあります。

ビジネスオーナー(B)は人を働かせることでお金を稼ぐ

お金持ち・経営者・社長

ビジネスオーナーは、人(従業員)を働かせることでお金を稼ぎます。

大企業の社長が、現場で汗水垂らして働くなんて見たことないですよね。

あくまでビジネスオーナーは、稼げる仕組みを作って従業員に指示を出すだけ。

何十人や何百人の従業員に、代わりとなって働いてもらうんです。

当然、働き手が増えるほどビジネスも回るので、収入もどんどん増えていきます。

自分1人の労働だと1しか稼げなくても、働く人が増えれば100や200、上手くいけば1000の稼ぎにもなるわけです。

このように、人を働かせてお金持ちになるのがビジネスオーナーなんです。

テツヤ
自分が寝ていても従業員が働いてくれるので勝手に収入が入ってきます!

投資家(I)は人の事業を利用してお金を稼ぐ

投資家は、人の事業を利用することでお金持ちになります。

先ほど説明したとおり、投資家は有望なビジネスに投資するだけ。

なので、

  • 従業員や自営業のようにあくせく労働
  • ビジネスオーナーのように稼げるアイデアを考える

とかは一切ありません。

自らの時間を使うことなく、他人が考えたビジネスを利用してお金を増やすんです。

とある社長「この事業したいので1億円を投資してくれませんか?」

投資家「いいよ~」

とある社長「事業が儲かったので10億円を振り込んでおきますね!」

投資家「やったー儲かった~」

みたいな感じです。

そもそも投資家は、数十億を動かせるような資産家ばかり。

投資額がケタ違いなので、大きく稼げるのも頷けますよね。

【重要】凡人がクワドラントを攻略する唯一のルート

クワドラントとは?4つのクワドラント金持ち父さん貧乏父さん

ここまでは、お金持ちになるには

  • ビジネスオーナー(B)
  • 投資家(I)

の2択しかないと説明してきました。

ただ、この2つで成功するとなると、正直ハードルがめっちゃ高いです。

天才でもない限り、いきなり飛び込んで成果を出すのは不可能。

なので、ぼくたち凡人がお金持ちになるルートはただ一つ。

自営業(S)を経由して、ビジネスオーナー(B)や投資家(I)になるルートです。

凡人がいきなりビジネスオーナーになると失敗する

ハッキリ言って、凡人の従業員がいきなりビジネスオーナーになると失敗します。

ビジネスオーナーになるには、会社を成功に導くノウハウが必要だから。

例えば、

  • ビジネスモデルの構築
  • 資金繰りの検討
  • 宣伝・集客方法
  • リスク管理
  • マネジメント

などなど。

勉強することが山ほどありますよね。

これを全て習得するとなると、めちゃくちゃ時間がかかります

最初からビジネスオーナーに挑戦したところで、これらのスキルが足りずに失敗するのがオチです。

なので、従業員(E)⇒ビジネスオーナー(B)のルートは現実的に厳しいと言えますね。

投資家(I)になるには潤沢な資産が必要

従業員(E)⇒投資家(I)のルートもオススメできません。

投資でお金持ちになるには、潤沢な資産が必要だから。

例えば、

  • 「100万円」を投資した会社員
  • 「10億円」を投資した資産家

上記2人の5年後を比較するとよく分かります。

投資金額 5年後の資産合計※利回り6%の場合
100万円を投資した会社員 約134万円(34万円の利益)
10億円を投資した資産家 約13億円(3億円の利益)

会社員が無けなしの貯金100万円を投資したところで、利益はたったの34万円

5年も待ったのに、スズメの涙程度の利益ですよね。

対して、10億円を動かせる資産家の場合、5年後の収益は3億円。

さらに10年、15年待てば、10億円とか20億円レベルの利益になります。

テツヤ
投資家というのはお金を働かせるので、そもそもたくさんのお金が必要なんです!

この結果を見ただけでも、従業員(E)⇒投資家(I)ルートが無理ゲーなのがよく分かりますよね。

クワドラントは1つずつクリアしていくのが吉

あなた
じゃあ、従業員はどうしたらお金持ちになれる?

と思ったかもしれません。

結論、従業員はひとまず自営業(S)に進むべき

その後にビジネスオーナー(B)や投資家(I)と、1つずつ順番にクリアすればいいんです。

自営業なら自分1人だけなので、稼ぐハードルはそんなに高くないですよね。

また、自営業になれば

「どうすればたくさん稼げるか」

を、めちゃくちゃ考えるようになります。

つまり、自営業ではビジネスオーナーの予行演習ができるんですね。

このように、自営業になれば、お金持ちのノウハウを働きながら習得できるんです。

世の中の成功者もこのルートを通った

ちなみに、この自営業からオーナーや投資家になるルートは、ぼくの思いつきではありません。

世の中にいるビジネスオーナーや投資家は、ほとんどが自営業の道を通っています。

例えば、マイクロソフトのビルゲイツ。

彼は、もともと仲間とマイクロソフトを立ち上げ、当時はあくせく働いていました。

彼が働かなくてもよくなったのは、そこから従業員を増やし、権限を誰かに譲っていったからです。

世の中のビジネスオーナーや投資家は、誰であっても、そのような道を通るんですね。

まずは自分でビジネスを始め、そこから従業員を雇ったり、儲けたお金を投資に回していく。

そうすることで、失敗することなく本当に自由なお金持ちのステージへ移動していけるわけです。

自営業は「パソコン1台」でできる仕事がオススメ

在宅で仕事働く

とは言え、

あなた
自営業って簡単になれるの?
あなた
スキルがなくてもできる?
あなた
初期費用はどれくらい?

など、疑問がたくさん浮かびますよね。

でも、自営業って実はめちゃくちゃ簡単に始められるんです。

というのも、今の時代の自営業はパソコン1台あればOK。

余計な初期費用も0でスタートできますよ。

しかも、特殊なスキルや経験がなくてもぶっちゃけ余裕。

今の時代の自営業は、パソコン1台で

「誰でも・簡単に・今すぐ」

始められるんです。

副業から始めればOK

ニートで起業、成功

ちなみに、自営業といっても会社を辞める必要はありません。

今の時代は、パソコン1台でビジネスを始められるので、副業から始めればOK。

会社員を続けながら副業で稼ぎ、儲けたあとに会社を辞めればいいんです。

副業なら失敗してもダメージは0。

どうせ失敗しても問題ないなら、お金持ちになるチャンスを掴んでみてはどうでしょうか。

テツヤも副業から始めて自営業に!

ブログ・ブロガーノウハウを発信している

ちなみに、この記事を書いているぼくテツヤも副業から始めた1人。

20代の前半まで会社員でしたが、本当のお金持ちになりたくて副業を開始。

この記事を見て分かるように、ぼくが始めた副業は、ブログ運営です。

ブログをコツコツ続けていくと、収益が伸びて、そのまま脱サラを達成!

今では、専業ブロガーとして月収70~100万円を稼いでいます!

テツヤ
現在、ビジネスオーナーを目指すためにブログの外注化も進めています!

今はまだ自営業ですが、それでも十分な生活を手に入れました。

ぼくの今の生活は以下のとおり。

  • 沖縄の田舎に引っ越す
  • 朝、起きる時間は自由
  • 休みたいときに休む
  • 月1で国内旅行
  • 年2~3回は海外旅行

\自宅からの眺め/

\エジプトでの1枚/

パソコン1台で稼げるからこそ、自由な時間も多く、お金も余裕があります。

ビジネスオーナーや投資家になれば、もっと自由になるんだと思うとワクワクしますね。

テツヤ
まずは自営業を目指すだけでも、お金と時間に余裕が出るので、ぜひ挑戦してみてください!

ぼくの起業の経緯について、さらに詳しくは以下の記事で解説しています。

おすすめ記事
ブログ収益化のイメージ
ぼくがブログ起業で成功した方法|副業⇒独立までの手順を解説

続きを見る

パソコン1台でできる最強の自営業は「ブログ運営」

と、ここまでは

「お金持ちになりたいなら自営業から」

「自営業はパソコン1台でできる」

という話をしてきました。

でも、

あなた
パソコン1台でできる仕事って?

と疑問に思いますよね。

パソコン1台で始められる仕事は以下の記事でまとめています。

参考【2024年】パソコンでできる仕事10選!個人で月100万円を稼ぐぼくが紹介

続きを見る

ちなみに、個人的に最もオススメの自営業は、「ブログ運営」です。

ビジネスオーナーのような不労所得が得られる

ネット起業・ネットビジネス・成功例

副業でなにをやるか悩んだら、ブログ運営が一番オススメです。

ブログ運営を一言でいうと、記事を投稿して広告収入を得る仕事

記事を見た人が広告からモノを購入すると、運営者に報酬が入ってきます。

そして驚くことに、ブログ運営には「不労所得になる」というメリットがあります。

というのも、ブログでは記事を公開すれば、あとは勝手にアクセスが集まります。

つまり、あなたが寝ていても記事が読まれ、商品が勝手に売れていくのです。

記事を書けば書くほど、その額は大きくなり、しっかりとした収入になります。

\ブログ収入のイメージ/

ブログ収入のイメージ

テツヤ
ブログ運営は自営業(S)でありながら、ビジネスオーナー(B)の特徴も併せ持っているんです!

ブログ運営にはメリットがたくさんある

パソコンとお金稼げる仕事・起業・副業

ブログ運営って、他にもたくさんメリットがあるんです。

例えば、

  • 高度なスキル不要
  • 月収100万円超えも可能
  • 好きなことを発信して稼げる
  • 初期費用、固定費1,000円程度
  • いつでもどこでも仕事ができる

などなど。

凡人でも始めやすく楽しく稼げるのがブログ運営。

パソコンさえあれば、誰でもすぐに始められます。

悩んでいるくらいなら、ひとまず始めてみるといいですよ。

おすすめ記事
ブログのメリット・デメリット徹底解説!プロが稼ぎ方も暴露します

続きを見る

稼げるようになればビジネスオーナー(B)になるのもアリ

自由・仕事・起業・フリーランス

ブログ運営でガッツリ稼げるようになれば、ビジネスオーナーを狙うのも全然アリ。

ブログで稼げるということは、「稼げる仕組み」はすでに完成しています。

なので、あとは人に働かせれば、さらに大きく稼げるようになりますよ。

ブログ運営における労働といえば「記事執筆」。

その記事執筆の部分を、Webライターに代行してもらうんです。

Webライターを雇えるようになると、自分の労働はほとんどゼロ。

それこそ「不労所得」のみで生活できるようになりますよ。

また、ブログの儲けで別の事業を立ち上げるのもアリです。

【期間限定】ブログの稼ぎ方を公開中です

お金持ちの最初の一歩として、ブログは本当にオススメ!

まぁとはいえ、

あなた
いきなりブログと言われても何すればいいの?

と悩む人もいるでしょう。

ぼくの公式LINEでは「ブログ未経験から最短で月30万円を稼ぐ方法」を公開しています。

テツヤ
ブログ読者からの要望でぼくのノウハウを公開することにしました!

公式LINEでは、ブログやビジネスの稼ぎ方を配信しています。

ブログ運営に少しでも興味があるなら、LINE追加してみてください。

テツヤ
どうせ無料なので、登録しておいて損はないです!

ただし、ノウハウは予告なく削除することがあります。

今のうちのLINE登録がオススメです。

下記からどうぞ👇

\無料でブログの稼ぎ方を公開中/

※ノウハウ公開は先着順

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

\タメになったらシェア/
👇👇👇

-起業ノウハウ