成功者が隠している5つの考え方

どーも、テツヤです。

 

この記事は、LINEを追加してくれたあなたへの特別コラムです。

 

もしあなたが、ブログ運営とか関係なく

  • 個人で稼げる力が欲しい
  • 成功して自由になりたい
  • お金に不自由のない生活を送りたい

とか思ってるなら、必ず知っておくべき話をします。

 

とはいえ、本記事は少し長いです。

そのため、複数に分けてちょっとずつ読んでも構いません。

 

どちらにせよ叶えたい夢がある人は、すべての文章に目を通してください。

成功者と凡人のたった1つの違い

ぼくは、これまで1,000人以上の人に起業や独立についてノウハウを教えてきました。

そして順調に成功していく人、途中で諦めていく人を目の前で見てきました。

 

と同時に、社長からインフルエンサーまで、何十人の成功者からどうしたら成功するのか、そのノウハウもたくさん聞いてきました。

 

そして気づいたことがあります。

 

成功する人と失敗する人の唯一の違いは「考え方」です。

 

成功するのに才能や、スキル、生い立ちなどは一切関係ありません。

 

ただ1つの違いは「考え方」なんです。

 

成功者は成功するための考え方を持っているから成功します。

 

成功しない人は、成功しない考え方を持っているから成功しません。

 

本当に、ただそれだけの違いです。

 

では、その成功者のみが知っている「成功する考え方」とはなんなのでしょうか。

 

細かくいえば10個も100個もありますが、ここでは特に重要な5つの考え方を紹介します。

 

その考え方は下記の5つ

  • 成功者は好きなことを仕事にする
  • お金で時間を買ってお金を増やす
  • 水車を作るのに専念する
  • 夢が叶う価値の大きさを実感する
  • とりあえず挑戦する

1つずつ解説していきますね。

①成功者は好きなことを仕事にする

成功者の考え方1つ目。

それは、「好きなことを仕事にすれば結果はあとからついてくる」です。

 

世の中では、「好きなことで稼ぐのなんて一部だけ」といいますよね。

でも、これはまったくのウソ。

というか、実際に「好きなことで稼ぐ人なんて一部だけ」とか言っている人で本当に稼いでいる人を見たことありますか?

大半は稼いでいない凡人が、そんなことを言っているだけです。

 

でも、成功者は違います。

「好きなことをすれば、結果はあとからいくらでもついてくる」と考えているんです。

 

そこには、しっかりと根拠もあります。

まず、好きなことをすれば120%のサービスを提供できます。

 

例えば、カフェで仕事をする場合、

  • コミュニケーションが苦手な人
  • コミュニケーションが好きな人

のどちらが、お客さんを喜ばせられるでしょうか。

当たり前ですが、コミュニケーションが好きな人です。

 

コミュニケーションが好きな人は積極的にお客さんと話せるだろうし、笑顔で対応できるのが目に見えていますよね。

どちらのスタッフがいるお店に行きたいですか?とアンケートを取れば、もちろんコミュニケーション好きの人がいるお店です。

 

そこには、

  • 好きなことを仕事にする
  • 高いクオリティでサービスを提供できる
  • お客さんの満足度があがる
  • 結果的に稼げるようになる

という図式が成り立ちます。

 

2つ目の根拠は、「好きなことを仕事にしたら挫折しにくい」ということ。

 

好きなことを仕事にしていれば、すべてが順調というわけではありません。

もちろん課題や問題は、定期的に出てくるでしょう。

しかし、嫌いなことであれば「やっぱり難しいじゃん」と思うことも好きなことであれば積極的に解決しようとします。

 

ゲームで考えたら分かりやすいですよね。

ゲームにハマる子は、敵キャラのボスに負け続けるからって諦めたりはしません。

むしろ「どうすればこの敵を倒せるんだ」とワクワクしながら研究しちゃいます。

これこそが「好きなことを仕事にする」というパワーです。

 

好きなことをすれば、ちょっとやそっとの壁くらい、好きパワーで乗り越えられるんですね。

結果的に、成功しやすくなります。

 

だから、もしあなたが成功したいなら、必ず好きなことを仕事にしましょう。

②お金で時間を買ってお金を増やす

お金持ちになる人と貧乏になる人の大きな違いがあります。

それは、お金で時間を買えるかどうか、です。

 

「お金で時間を買うのに、お金が増えるの?」

と思う方もいるかもしれません。

 

できるだけ分かりやすく説明していきます。

 

例えば、プログラミングスキルを身に着けて転職したいAさんとBさんの2人がいるとします。

 

2人とも「スキルを身に着けて転職したい」という目的は同じです。

また、2人は持っている才能や今の環境などもそっくりでした。

しかし、2人には1つだけ大きな違いがありました。

 

それが学習方法です。

 

Aさんは、「できるだけ節約したい」と思って、図書館で本を借りにいったりインターネットにある無料の情報でプログラミングを学び始めます。

プログラミングをやったことのある人は分かると思いますが、まったくの0から独学でプログラミングスキルを身に着けるのは至難の技です。

結果的にAさんは、プログラミングスキルを身に着けるまで3年かかりました。

 

3年かけてスキルを身に着けたAさんは、転職成功。

年収が100万円あがりました。

 

一方で、Bさんは「少しでも効率よくスキルを身に着けたい」と思って50万円のプログラミングスクールに通います。

すると、0からみっちりと効率的な学習ができたので、わずか1年でスキルを身に着けられました。

 

Bさんは、学習開始から1年後には転職成功。

年収が100万円あがりました。

 

この話、2人とも年収が100万円あがって「よかったね」という話ではありません。

Aさんは年収100万円あがるまでに3年かかり、Bさんは年収100万円あがるのに1年で済んでいます。

 

つまり、年収100万円アップまでに2年の差がついている、ということです。

 

言い換えれば、2年も早く年収100万円アップしたBさんは、Aさんよりも200万円も儲かっていることになります。

 

Aさんは50万円を節約したがために、得られるはずだった200万円を失ったのです。

 

これが、お金で時間を買うということ。

 

Aさんは、これからも「節約したい」と思ってお金で時間を買うことはしないでしょう。

一方でBさんは、これからもお金で時間を買っていくと思います。

 

10年後、20年後、2人の差は大きなものになっていることは言うまでもありません。

 

成功者は、みんなこの「お金で時間を買う」という考え方をもっています。

 

つまり、「将来的に稼ぐ時間や努力する時間が短縮されるなら、今お金を払ったほうが得だよね」と考えられるわけです。

③水車を作ることに専念する

成功者の考え方3つ目は「水車を作ることに専念する」です。

結論をいうと、「自動化の仕組みを作ろうね」ってこと。

\分かりやすい動画を見つけました/

 

これも分かりやすく昔話っぽく解説します。

 

むかしむかし。

ある村では、石臼でそばを挽いて、そば粉を生産するのが主な産業でした。

毎日何時間も石臼でそばを挽いて、そば粉をつくっては、それを輸出します。

そば粉を作れば作るほど儲かりました。

だから、ほとんどの人が稼ぐために、朝から晩までせっせと石臼を回していたのです。

 

あるとき、村のある男は思いついて水車を作り始めます。

村の人はみな「水車をつくる暇があるなら石臼を回してそば粉を作れ」と言いました。

しかし、男は言うことを聞きません。

 

村の人がせっせと石臼を回して製粉している間、男は水車作りに没頭していました。

「あの男は石臼も回さないで...。もうお金持ちにはなれないな」

と村のみんなが思っていたのです。

 

しかし、あるとき、男はついに水車を作り上げました。

男は水車を川に設置し、水車が川の流れる力でグルグルと回るのを確認。

そして、その水車と石臼を繋げたのです。

 

すると、どうでしょう。

 

男が手を使わずとも、水車の回転する力で石臼は回り続けるのでした。

回り続ける石臼は、自動でそば粉を作り続けます。

 

その水車を作った男は、もう自分で石臼を回す必要はありません。

 

男が寝ていても遊んでいても、水車は24時間ずっ~と石臼を回し続けて製粉してくれます。

1日10時間、12時間と石臼を回し続ける村人よりも、男はずっとたくさんのそば粉を作ることに成功したのです。

結果的に男はお金持ちになりました。

 

という話です。

 

この話の教訓は、「自動で成果を出してくれる仕組みをつくれ」ってこと。

 

男のように1回でも水車作りに成功すれば、あとは、なにをせずとも自動でお金が発生するようになります。

せっせと働いている人間を横目に、自分は遊ぶことも寝ることもできるんです。

 

ただし、水車作りは簡単ではありません。

時間もかかるし頭も使うし、最初のうちはバカにされることもあるでしょう。

とはいえ、その苦難を乗り越えさすれば、そのあとの人生は自由になるのです。

④夢が叶った姿の価値を考える

成功者はよく夢が叶ったあとの価値を考えます。

例えば、ただ単に「ブログで稼げたらいいな~」だけでは終わりません。

 

ブログで稼いだあとの未来をありありと想像し、その未来の価値の大きさを実感するんです。

 

例えば、あなたはもしブログで月100万円を稼げるようになったら、どんな未来が手に入ると思いますか?

ただ、「お金に余裕がでる」と思うだけでは、モチベーションにつながりません。

 

ぼくなら

  • 好きな車を買える
  • 好きなところに住める
  • 外食を値段で選ばなくなる
  • 高級ベッドを買って毎日安眠
  • 親孝行できる
  • 子どもに高水準の教育ができる
  • 周りが困ったときに資金援助できる
  • 会社に縛られない
  • 人間関係を自分で選べる
  • 社会に還元できる
  • 将来のお金を心配することがなくなる
  • 新しい人間関係ができる
  • よりレベルの高い人と繋がれる
  • 自分に自信がつく
  • 余裕オーラが出る
  • 早起きしなくていい
  • 遊びたいときに遊べる
  • 夜更かししたいときに夜更かしできる
  • 旅行で高級ホテルに泊まれる
  • 空いた時間を趣味にあてられる
  • 突然の出費に落ち込むことがない
  • 旅行を自由に計画できる
  • 親や親せきに自慢できる
  • 友達から尊敬される
  • 女の子にモテやすくなる
  • 大型テレビをかって映画鑑賞
  • 知識を使って他の事業に活かせる
  • 本を出版できるかも
  • テレビに出られるかも
  • インフルエンサーを目指せるかも
  • etc...

などなど、とにかくブログで稼いだあとにできること、をめちゃくちゃ書き出します。

 

こうやって書き出していくと、「え!ブログで稼いだらめちゃくちゃハッピーな未来が手に入るじゃん!」とモチベーションが上がりますよね。

 

そして、「こんな未来が手に入るなら1年間くらい大変でも頑張る価値はあるな」と思えるわけです。

また、「こういう未来が手に入るんなら1億円でも安い!」と思って自己投資もしやすくなります。

 

成功者の多くがこのように「夢が叶ったあとの未来」をありありと想像し、その価値を大きく感じるわけです。

⑤とりあえず挑戦する

成功者の最後の考え方。

それは「とりあえず挑戦する」ということ。

 

まずは、以下の会話を読んでみてください。

太郎くん「ぼく、自転車に乗れるようになりたい」

先生「お、いいことだ。そのために何をしているの?」

太郎くん「勉強してます。YouTubeをみて自転車の乗り方を。」

先生「なるほど、実際に自転車に乗ろうとしたことはあるの?」

太郎くん「いえ、まだトライしたことはありません。転びたくないので。」

先生「でも乗ってみたほうが早いんじゃない?」

太郎くん「いや、乗る前にしっかり勉強しなきゃ。座り方、漕ぎ方、自分に合った自転車走法を...。」

先生「いやいや、とりあえず自転車にまたがったほうが早いよ」

太郎くん「転んだらどうするんですか!ケガしたくない!」

先生「じゃあいつになったら自転車にまたがってみるんだい?」

太郎くん「自転車の歴史から乗り方まですべて学んでからです!1年後とかですかね!」

先生「...。」

以上の会話、ばからしいと思いましたか?

 

しかし、世の中の大半の人が同じようなことを言っています。

 

「ブログやってみたいんです、でも開設する前に稼ぎ方とかを知りたくて...」

「株を始めたいんです。ただ、まずは本を5冊くらい読もうと思ってて...」

「いつかは起業します!マーケティングと経営学を学んでから!」

 

ギクッとなった方もいたのではないでしょうか。

 

この話からも分かるように、悩むくらいならとりあえず挑戦したほうが早いんです。

自分で挑戦して、ときには失敗して、トライ&エラーを繰り返すから成果が出るようになります。

 

すぐに成功する人はすぐに挑戦する人です。

反対にいつまで経っても成功しない人はいつまで経っても行動しない人です。

 

あなたも、成功者の考え方を身に着けて、いち早く成功を手に入れましょう。

© 2022 LIFEWORK LABO Powered by AFFINGER5