起業ノウハウ

起業でのマーケティングの重要性とは?現役経営者が分かりやすく解説

テツヤ
こんにちは、テツヤです!
飲食店経営やブログ運営など、好きを仕事にしている20代社長です!

今回は、

あなた
起業したいけどマーケティングって必要?
どれくらい重要なの?

と悩んでいるあなたのための記事です。

起業や独立を考えたとき、いろいろ勉強しますよね。

そのときに出てくる単語が「マーケティング」ではないでしょうか。

とはいえ、

あなた
マーケティングってボンヤリとしていて具体的に何をすればいいか分からない

と悩む人も多いはず!

ということで本記事では、

起業でのマーケティングの重要性

起業で必要なマーケティングの基本

を紹介していきます!

テツヤ
元Webマーケター、現役社長のぼくが分かりやすく解説していきます!

起業で重要となる「マーケティング」とはなにか?

まずは、あまりイメージがわかない「マーケティング」の意味をチェックしておきましょう。

また、なぜマーケティングは起業で重要といわれるのかも説明します。

マーケティングとは簡単にいうと「ビジネス戦略」

マーケティングという単語は、幅広い意味で使われています。

そのため、「これ!」という定義はなかなか難しいのが事実です。

しかし、あえて起業において使われる「マーケティング」を簡単に説明すると「ビジネス戦略」といえるでしょう。

「いかに自社の商品やサービスが売れるか考えること」とも言えるかもしれません。

例えば、

  • 商品の差別化を考える
  • 競合を調査する
  • 顧客に買わせたいと思わせる
  • ターゲットを決める

などはマーケティングの一部です。

まさに「いかに商品やサービスを売るか」という点で戦略を立てているわけですね。

本記事では、そんなマーケティングの重要性や方法を紹介していきます。

マーケティングが重要といわれる理由

ビジネスをするうえで、マーケティングは非常に重要といわれています。

しかし、なぜそこまでマーケティングは重要なのでしょうか。

その理由は、マーケティングがなければモノは売れないからです。

マーケティングとは、まさにモノを売るための戦略。

  • どうやってお客さんに知ってもらうか
  • どうやって買ってもらうか
  • どうすれば高い値段で売れるか

などを考えるのもマーケティングなんですね。

マーケティング界隈で有名な言葉があります。

それは、

「売れる商品なんてない、売れる売り方があるだけだ」

です。

これはまさに言い得て妙だと思います。

世界一おいしいカレーを作っても、誰にも知られず、誰にも買われなければそれは存在しないのと同じです。

逆に、マーケティングがうまければ、そこそこの商品やサービスでもめちゃくちゃ稼げます。

テツヤ
マーケティングを極める者はビジネスを極める、といっても過言ではありません!

【まずはこれだけ】起業で必要な3つの基本マーケティング【分かりやすく解説】

起業におけるマーケティングの意味や重要性は理解できましたか?

では、このマーケティングは具体的にどのように考えればいいのでしょうか。

一口に「マーケティング」といっても、その種類は戦略は本当に幅広くあります。

本記事ではその中でも起業で特に重要な3つの基本マーケティングを紹介していきますね。

テツヤ
マーケティングとはこういうのか!とイメージがつかめるはずです

提供する価値を明確にする

基本的なマーケティングの1つが、提供する価値を明確にすることです。

あなたの商品やサービスは、どんな価値を提供するのでしょうか。

この提供する価値によって、売り出し方やターゲットなどはガラッと変わってきます。

提供する価値を明確にする具体例

例えば、あなたがカフェを開くとしましょう。

その場合、カフェで提供できる価値を考えてみます。

最初に思いつくのが、「おいしいドリンクやフードを提供する」ではないでしょうか。

カフェといえば、やはり食べ物や飲み物のおいしさが大きな価値になります。

しかし、これだけで終わらず、もう少し考え方を広げていきましょう。

例えば、「リラックスできる空間を提供する」という考え方もできるかもしれません。

また、カフェに雑誌や漫画をおけば「漫画や雑誌などのエンターテイメントを提供する」と考えられるでしょう。

このように、同じお店でも提供する価値の考え方はさまざまです。

「おいしいドリンクやフードを提供する」だと、「とにかく美味しさを追求しよう」となりますね。

「リラックスできる空間を提供する」だと「美味しさもそうだけど居心地のいい店内にしよう」と考えるはずです。

このように「お客さんにどのような価値を提供するか」を考えるだけでも、あなたの商品やサービスの魅せ方は変わってきます。

ターゲットを絞る

マーケティングの代表的な戦略といえば、ターゲットの明確化です。

ターゲットとは、簡単にいうと「商品やサービスを売るお客さんの層」のことです。

ビジネスにおいて、ターゲットを絞ることは本当に超重要!!

ターゲットを絞ることで、ビジネス戦略も魅せ方も大きく変わるからです。

ターゲットを絞る具体例

同じ例ですが、あなたがカフェを開くとしましょう。

もし仮にターゲットを"男子大学生"にすれば、メニューはお手頃でボリューミーなものが並ぶはずです。

ターゲットを"裕福な主婦層"に絞れば、メニューはヘルシーで、少しお高い値段でも売れるかもしれません。

もちろん、店内の内装も変わるでしょうし、宣伝の方法も変わるはずです。

同じカフェでも、ターゲットを変えるだけで、ほとんどすべてが変わるわけですね。

これは飲食以外でも同じです。

どの業種、職種であっても、ターゲットが変われば売り方やコンセプトなどすべてが変わります。

あなたも起業するときは、自社の商品・サービスのターゲットをしっかり絞っておきましょう。

競合との差別化を考える

 

 

起業で使えるマーケティング3つ目は、競合との差別化を考えることです。

あなたの商品・サービスの競合を洗いだし、その競合との差別化を考えていきます。

なぜ差別化が必要かというと、お客さんを取られてしまうからです。

また、お客さんに魅力を感じてもらえなくなります。

例えば、あなたの家から車で1時間のところに、味も見た目も値段もマクドナルドと同じようなハンバーガー店があったとしましょう。

正直、そういったお店には「行ってみたい」と思いませんよね。

なぜなら、そんなお店に行くくらいならマクドナルドに行けばいいから。

反対に、他にはない魅力的な価値があるお店は、多少距離が遠くても、値段が高くても行きたくなるものです。

その「他にはない魅力的な価値」こそ差別化になります。

では、どうすればそのような差別化が考えられるでしょうか。

まずは、競合を徹底的に調査することですね。

競合を知らなければ、差別化はできません。

競合の値段や具体的なサービス、強みなどをチェックするわけです。

そのあとに、競合と比べて、自社の商品やサービスで差別化できるところはないかを考えだします。

競合との差別化を考える具体例

例えば、あなたがハンバーガー屋さんをやるとしましょう。

競合の1つは、マクドナルドになるかもしれません。

マクドナルドの代表的な強みといえば、「早くて安い」ですよね。

であれば、あなたはマクドナルドよりも早くて安いお店を作るか、マクドナルドにはない価値を新しく考えることになります。

早くて安いではなかなか勝てそうにないので、「マクドナルドにはないこだわりの素材を使ったハンバーガー」を考えれば、それは差別化になるかもしれません。

または「マクドナルドにはないゆったりとリラックスできる空間」もアリでしょう。

他にも「店員の接客がすごく丁寧で気さくにおしゃべりできるハンバーガー屋」なんかも面白いかもしれません。

このように、あなたの商品・サービスにしかない価値をつくることで、それは差別化になります。

起業に必要なマーケティングをもっと学びたい人へ

本記事のまとめです。

起業におけるマーケティングとは簡単にいえば「ビジネス戦略」です。

また、マーケティングはビジネスで稼ぐうえで非常に重要。

具体的な基本的知識としては、

  • 提供する価値
  • ターゲット
  • 競合との差別化

などを考える方法が挙げられます。

マーケティングは奥が深く学ぶことも多い分野です。

本やYouTubeなどを使って、積極的に学んでおきましょう。

ちなみに本ブログ「LIFEWORK LABO」でも、起業やマーケティングに関する情報を発信しています。

起業を考えている方は、ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

また現在「最速で成功する!負け知らずの独立ノウハウ」を公開中です。

今回紹介したようなマーケティングや事業計画の秘策が学べるオンライン教材になっています。

構想から1年かけて完成させた中身の濃い教材になっているので、起業を考えている方はチェックしてみてください。

>>最速で成功する!負け知らずの独立ノウハウ

今回は以上です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-起業ノウハウ

© 2021 20代のライフワーク Powered by AFFINGER5