起業ノウハウ

エンジニアとは?エンジニアの種類や仕事内容、なり方を徹底解説!

Webエンジニア・プログラマー
あなた
エンジニアとは、どんな仕事なんだろう?

種類や仕事内容などを知りたい!

あなたのそんな疑問に答えます。

最近、よく注目されているエンジニアという職業。

たくさん稼げて将来も安泰、って聞いたことありませんか?

でも実際のところ、エンジニアって本当に稼げるのでしょうか。

また、一口にエンジニアといっても、どんな種類があるのかも分かりませんよね。

ということで今回は、

  • エンジニアの仕事内容や種類
  • エンジニアの年収
  • エンジニアのなり方

などを徹底解説していきます!

エンジニアとは?

エンジニアとは工学(エンジニアリング)に携わる人のことで、急成長しているIT業界のエンジニアを指す場合が多いです。

近年需要が高まっている新システムの開発や、環境を整える業務をおこなうのがエンジニアの仕事。

システムとは、簡単に言うとさまざまな仕組みが合わさった集合体(ソフトウェア)のことです。

私たちが見ているホームページやアプリ、LINEなどもシステムに含まれます。

エンジニアは手に職がつき、キャリアを安定させながら伸ばしていける注目の仕事といえますね。

システムを開発し運用するには業務内容によって専門知識が異なり、次のような種類に分類されます。

エンジニアの種類と仕事内容

エンジニアの代表的な種類は以下の通りです。

  • システムエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • Webエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • セールスエンジニア
  • その他のエンジニア

システム開発は顧客ニーズに応えた設計書を作成することが重要。

まずは、SEと呼ばれるシステムエンジニアについて解説します。

システムエンジニア

システムエンジニアは、お客様の要望を具体化した上で設計をおこない、プログラムを実装し運用させるのが仕事です。

納品後もシステム障害の予防やエラー対応などを一貫しておこなうので、高いスキルが求められますね。

プログラムを作成するプログラマーや納品前のテスト業務は、マニュアル化していることも多く、未経験でも採用される可能性があります。

開発したシステムを運用させるには、ネットワーク環境を整える作業が必須です。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、システムを円滑に運用させるのに不可欠な回線の環境を全般的に整える仕事です。

いわゆる「インフラ系」と呼ばれ、インフラストラクチャーの略でネットワーク保守はシステム運用の基盤ですね。

お客様の要望に応じた設定仕様書を作成し、実際の現場で構築。

納品後もテストを繰り返し、問題なく運用されているか保守する役目を担います。

ネットワークエンジニアは資格が活きる分野であり、ネットワークスペシャリストやCCNAが有効。

クラウドの普及により、Web系エンジニアはさらなる活躍の場が増えそうです。

Webエンジニア

Webエンジニアは、Web上でおこなわれるサイトやアプリケーションのシステム設計から開発、保守をする仕事です。

Webアプリケーションは近年急速に増加していますね。

GoogleやYahoo、食べログなど…もはや使わない日はないと思うほど。

Webエンジニアは顧客ニーズに対応していることが必要不可欠であるため、マーケティング能力はもちろん、セキュリティの知識も必須ですね。

なかでもフロントエンドエンジニアはFEと呼ばれ、スマホ画面を操作する際のコーディング作業を担当します。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、スマホ画面の文字入力やボタンなどをWebデザイナーの設計をもとに表示させる仕事です。

HTML・CSSの知識を駆使しながら、流行りのデザインやアニメーションに触れることから最新スキルやセンスを持ち続けるのが重要。

また、JavaScriptはタップやクリックなど操作上で起こるデータのやりとりをする上で必要不可欠な知識です。

フロントエンドエンジニアは、在宅でリモートワークできる点でも人気の職種といえますね。

セールスエンジニア

セールスエンジニアは、ソフトウェア導入の提案やセールスをおこなう営業の役割を担います。

お客様の希望を最大限に聞き出し構築、信頼関係を築きながらわかりやすく運用方法を伝えるといったコミュニケーション能力が問われますね。

営業であっても技術的な知識が豊富でなければ交渉力に欠けてしまうので、総合的に見てスペシャリストであることが理想。

セールスエンジニアは、納品後もクライアントと技術者との橋渡しとして活躍します。

その他のエンジニア

他にも、エンジニアには以下のような種類があります。

その他のエンジニア

  • マークアップエンジニア

HTML・CSSを駆使し、ユーザーの使いやすさに特化した開発、設計をおこないコーディングを高品質に仕上げる。

  • データベースエンジニア

データをしまう貯蔵庫の役割。整理し取り出す際もスムーズにおこなえるよう開発・設計するインフラ系の一種。

  • 制御・組み込みエンジニア

お風呂のお湯張りや追い焚き、家電製品などに組み込まれているシステム。

意図通りに機器を動かすおもしろさがある。

エンジニアには多種にわたる仕事内容があって、一言では語り尽くせない魅力がありますね。

エンジニアに求められる能力

ブログ記事を書くイメージ

ITエンジニアとして活躍するには、どんな人材が適しているのか。現場で求められる能力は以下の通りです。

  • プログラミングの知識
  • コミュニケーション能力
  • 仕事に対する好奇心

まずは技術を高めるために「プログラム言語」を用いる知識を習得するのが重要です。

プログラミングの知識

プログラミングによる言語は、Web系・通信系・社内システム系など、扱う分野で必要なスキルは変化します。

Web制作で需要があるJavaScriptはもちろん、AI(人工知能)の分野で将来性の高いPythonを学ぶのもおすすめです。

プログラマーの専門資格は豊富にあり、知識を伸ばす上で学習しやすくスキルアップすれば性別問わず昇格可能。

キャリアを積みながら資格取得も目指せます。

エンジニアは技術職ですが、お客様と直接やりとりするためビジネスマナーを磨くのも必須といえます。

コミュニケーション能力

クライアントのニーズを知る上で、エンジニアのコミュニケーション能力は重要です。

仕事内容によってはグループで作業にあたることもあり、上司への報告や相談など気配りを怠らない姿勢も必要。

企業に直接出向き実装するので、社会人らしい態度や身だしなみも大事ですね。

エンジニアは理系と思われがちですが、文系の人でも十分活躍できる仕事があり、特にコミュニケーションに関しては適しているといえます。

仕事に対する好奇心

エンジニアは、仕事の内容によっては1人の作業や複雑で難しい業務も多いのが実情です。

そのため、仕事に対する好奇心や情熱がなければ続きません。

お客様の要望に技術で応えることに楽しさを見い出せる人、知識を蓄えて自分の財産にできる人が適任といえますね。

ここで気になるエンジニアの年収はどれくらいか見てみましょう。

エンジニアの年収

ネット起業の種類

エンジニアの年収は比較的高く、会社員だと400〜600万円ほどが相場

さすがは技術系専門職であり、同年齢の平均年収より130万円以上も年収が高いとのデータがあります。

スキルが高ければ高いほど重宝され、部下を指導できるレベルまで到達するとさらに年収アップ。

手に職がつくから安定と安心が手に入り、高年収の仕事へジョブチェンジも可能。

その頃には独立も夢ではありません。

フリーランスになると年収1,000万超えも珍しくない業界で、先端ITスキルを身につけると将来にわたってさらに成長が見込めます。

大型の案件を受けてマネージメントやディレクションする立場になれば、年収3,000万円も。

エンジニアは、ますます発展するIT業界に対応できるよう、スキルアップを繰り返しながら働ける将来有望な職業といえますね。

エンジニアになる方法3ステップ

3つのポイント

エンジニアになるにはどうすべきか、次の3ステップを確認してください。

  1. まずはしっかり勉強
  2. 1年以上は下積み
  3. より良い会社へ転職、または高単価のフリーランスとなる

世の中のニーズが増えエンジニアの需要が増え続けるなか、未経験でもチャンスがあると言われますが、やはり地道な努力は必要です。

①まずはしっかり勉強

エンジニアは豊富な知識と高いスキルが要求される専門性の高い仕事。

まずはスクールに通ったり講座などを受けたりして、基本のスキルを身につけるところから始めると良いです。

学習がすすむと自分はどの分野に興味があるのか、なりたいエンジニアの種類がおのずと見えてくるかも。

まずはしっかり学びを深めて、後々の転職活動に役立ててください。

②1年以上は下積み

基本のスキルが身についたら、そのスキルを使ってエンジニア会社に転職が可能。

また、ランサーズなどのクラウドソーシングサイトで案件を獲得することもできます。

最初のうちは給料が安い会社、または低単価の仕事しかもらえないことが当然と覚悟を決めて挑みます。

1年以上は下積みだと思って、地道に根気よく続けることが大切です。

ちなみに大半の人が、この1年以内に挫折するのがエンジニアの世界です。

ここを超えれば、まさに高収入・好待遇の環境が待っています。

③より良い会社へ転職、または高単価のフリーランスとなる

見上げるビル

コツコツと下積みを続け実績と経験がたまってきたら、エンジニアとして高単価の案件も受けられるようになります。

条件が良い会社へ転職したり、1件あたりの単価が高い好条件な案件の獲得が可能。

フリーランスでしっかりとスキルがあれば、年収1,000万円超えも珍しくはありません。

夢を諦めず一歩一歩あゆみを止めないことが、成功の鍵といえるでしょう。

エンジニア以外の仕事もオススメ!

ここまでエンジニアの仕事内容や年収などを紹介してきました。

ちなみに、パソコン1台で稼ぎたいなら、エンジニア以外の仕事はたくさんあります。

例えば、パソコンで稼げる仕事の代表例は以下のとおり。

PC1台で稼げる仕事

  • ブロガー
  • 動画編集者
  • Webライター

エンジニアが難しそう、と思うなら無理してエンジニアになる必要はありません。

あなたにもっと合っている職業は必ずあるはず。

パソコンで稼げる仕事について詳しくは以下の記事をお読みください。

関連記事
パソコンでできる仕事7選!未経験でも在宅で稼げるおすすめを紹介!

続きを見る

悩んだらブログ運営が一番おすすめ

ちなみに、ぼくはPC1台で稼げる仕事には全員に「ブログ運営」をオススメしています。

なぜなら、ブログには以下のメリットがあるからです。

ブログ運営のメリット

  • 不労所得になる
  • 高度なスキル不要
  • 好きなことを発信して稼げる
  • 月収100万円超えも可能

エンジニアとは違った魅力があり、かつ始めやすい仕事です。

ブログについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

おすすめ記事

個人で稼ぐならブログが最強の理由【稼ぎ方も暴露】

続きを見る

関連記事
ブログのメリット・デメリット徹底解説!プロが稼ぎ方も暴露します

続きを見る

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

\タメになったらシェア/
👇👇👇

-起業ノウハウ

© 2022 LIFEWORK LABO Powered by AFFINGER5